ヴァチカン美術館

ローマ到着翌日は朝からヴァチカン美術館へ。別の国にメトロで向かうという初体験、Aラインの駅にして4つ目。
f0136038_11531906.jpg
予めネットで一番乗りの9時の予約を入れたが、城壁の入口はもっと前に開いていたので、列をよそ目に早速入場。
f0136038_11532012.jpg
最初は真っ直ぐグレゴリアーノ・エジプト美術館に入ったが、その後は予習不足で順路を迷った。

そっか、ヴァチカン美術館というのは歴史的に増築されてきた多くの美術館の総称なのか、早く言ってよ、それ。

広大な敷地を写真撮りながら全部周るのは結構大変。
f0136038_11531964.jpg
f0136038_11532050.jpg
個人的に気に入ったナイル河の像。
f0136038_11532072.jpg
印度で河の神様と言えばみんな女神だけど、ローマでは男性の神として描かれる。
f0136038_11532077.jpg
f0136038_11532016.jpg
ダイナミックな天井を持つ地図のギャラリー。

最後にド迫力のシスティーナ礼拝堂(残念ながら撮影禁止)を後にし、美しい螺旋階段を下りて城壁の外へ出る。
f0136038_11531999.jpg

昨日に続いてまた雨がパラついてきたので、カフェで雨宿りがてらにランチ。ローマだけに、スパゲティ・アラ・カルボナーラははずせないか。カラマリフリットと白ワインも。
f0136038_11531420.jpg
若い男性店員の口車に乗せられシャルドネのボトル空けてしまった。しまった、飲み過ぎ!

f0136038_11531451.jpg
f0136038_11531485.jpg
ランチを終えて、サンピエトロ寺院側からヴァチカンに再入国して、正面のフェンス国境を越え、真っ直ぐサンアンジェロ城へ。
f0136038_11531547.jpg
星形の城壁の中に丸い城が建つ独特の造り。
f0136038_11531447.jpg
また市内をぶらぶらしながら、観光客でごった返すスペイン広場に出た。
f0136038_11531471.jpg
初めてのローマとヴァチカン、楽しめたな。

明日は早朝からいよいよこの旅の主目的地シチリアに飛ぶ、ワクワク。


[PR]
# by phraganet | 2018-10-31 23:52 | ヴァチカン
f0136038_21034301.jpg

夜バンコクからエティハドに乗って10年振りに着いたアブダビの空港はすっかり新しくデカくなっていたが、ローマ行き搭乗ゲートを探して歩いているうち、何故かきのこの内部のような旧ターミナルに導かれた。
f0136038_21033642.jpg
懐かしいなあ!

最近観たい映画も少なくて長いフライトを持て余し気味だったけど、ワインをおいしく頂きながら睡眠も十分取って、無事に朝のフィウミチーノ空港に到着した。
f0136038_21033669.jpg
壁に表示された国旗のパスポート保持者は、列に並ばず顔認証入国ゲートへ。これ、この前オーストラリアで無駄な時間費やしたんで、今度こそ間違いないように。

T3を出たら建物に沿ってひたすら右に進んでバスステーションヘ。
f0136038_21033650.jpg
宿はブッキングドットコムで市内中心部の鉄道駅、通称テルミニ近くに予約しておいた。

空港からテルミニまで片道7ユーロを往復で10ユーロ。
f0136038_21033699.jpg
小一時間の乗車の後バスを降りると、駅構内にメルカト風カフェなどあって自然と気分が盛り上がる。
f0136038_21033728.jpg
まずは駅のインフォメーションセンターでローマパスを購入、48時間用28ユーロ。
一番の目的はこれから訪れるコロッセオで並ばずに入場すること。それと、メトロとバスで支払いを気にせず乗り継ぎながら丸2日間市内観光したかったから。

宿までは徒歩で10分ほど。この日、9月下旬の日差しはまだ真夏のように暑かった。道路脇にスクーターがいっぱい駐車してある、さすがローマ。
f0136038_21033747.jpg
宿に着くと、オフィスビル2階のユニットに小ざっぱりした客室を4つほど誂えたもので、中年男性から流暢な英語でガイダンスを受けた。明るいロビーの冷蔵庫にはオレンジジュースとミルクと水が冷えていて、湯沸かし器やトースターもあって朝食に困らない。

チェックインにはまだ時間があるので、背中の荷物だけ部屋に入れさせてもらって、早速メトロでコロッセオを目指す。ここでローマパスをアクティベート、この瞬間から48時間有効。
f0136038_21033680.jpg

コロッセオもローマパスのお陰でチケットの列も入場の列もスルー。

おお!
2千年近い昔のローマ市民が、既にここまで大掛かりな娯楽施設を持っていたという史実に改めて感銘を受ける。
f0136038_21034354.jpg

通り雨をやり過ごした後、隣のフォロロマーノとパラティーノの丘も散歩してから、コロッセオを見下ろすカフェで、イタリア最初の食事はピッツァカプリチョーザ。
f0136038_21033618.jpg
さすが、んまい!

その後、トレヴィの泉
f0136038_21034304.jpg
パンテオン
f0136038_21034329.jpg
ナヴォナ広場と
f0136038_21034339.jpg
ローマ市内の有名どころをぶらぶら散策したが、どこのプラザでも立派な彫刻から滾々と水が湧き出す自然と芸術が一体になった造形に魅入られた。これはナヴォナ広場にあるガンジス河の像。


f0136038_21034404.jpg
歩き疲れてカンポディフィオリのカフェに座り、他の客全員が同じように飲んでるカクテルを、真似して注文する。
f0136038_21034407.jpg
ローマで一番人気のこのカクテルはアペロールスプリット。

20時はまだ陽も明るいが、これ以上歩き回るのも億劫なので、そのままリゾットペスカトーレと白ワインを追加注文した。
f0136038_21034401.jpg
ま、初日のところはこんなもんにしといたろ。


[PR]
# by phraganet | 2018-10-25 21:01 | イタリア

フーティウ・ナンヴァン

久々にサイゴンでお気に入りのヌードル、フーティウ・ナンヴァンを朝食に頂く。
f0136038_20472327.jpg
ベトナムのヌードルと言えば、ハノイ発のあっさりしたフォーももちろんいいが、サイゴンではブンやフーティウの変化に富んだ味付けも楽しい。

ベトナム語でナンヴァン(南蛮)はカンボジアを意味する。確かにカンボジアでもクイティウを頂いたことはあるが、どちらかと言うとタイのイメージが強い。タイの華人には潮州出身者が多く、潮州に沙河という米粉で作る麺の名産地があり、この麺が粿條(クイティウ)、またはその地名から河粉(ホーファン)と呼ばれるとのことで、サイゴンのフーティウはもちろん、タイやカンボジアやインドネシアのクイティウも、またハノイのフォーも、すべてこの辺りのライスヌードルの発祥は、元は同じこのクイティウ、またはホーファンだと思っている。

一度潮州市に麺の視察に行ってみたい!


[PR]
# by phraganet | 2018-10-16 22:42 | ベトナム

シャフリサブス歴史地区

f0136038_00543512.jpg
最終日朝の散歩は、宿を出て公園を右に折れ、レギスタンアンサンブルを背に歩くと、昨日訪れたビビハヌムモスクに出た。
f0136038_00543503.jpg
今回の宿Furkatは、サマルカンドの主な遺跡にすべて歩けるホントにいいロケーションだった。並びにあるシアブバザールはまだ開いてない。

散歩から宿に戻ると、今日の朝食はサモサだと言われて出てきたこれ、見慣れた三角形ではないが、ウズベクではこれもサモサと呼ぶのだろうか。
f0136038_00543524.jpg
昨日ミーシャに、サマルカンドからタシュケントへ帰る列車が午後だと言ったら、昼までにティムール生誕の地、シャフリサブスに行こうと言われ、宿で知り合った琉球大生リョウも誘って出掛けた。

シャフリサブスは、周りを山に囲まれたサマルカンドから南に85km、山をひとつ越えて行く。
f0136038_00543540.jpg
1時間半ほどのドライブで到着した駐車場からシャフリサブス歴史地区に入ると、まず目の前に現れるのが遠近感が狂うほどのどデカさ、ティムールの夏の宮殿、アクサライの門。
f0136038_00543637.jpg
屋根は崩れ落ちてしまっているが、その大きさとかつてブルーに輝いたであろう美しさが忍ばれる。
f0136038_00543649.jpg
その奥にあるアミールティムールの立像。
f0136038_00543602.jpg
歩き始めて分かったが、歴史地区と言われるこの公園は、どこまであるんだろうというぐらい奥に長い。
f0136038_00543551.jpg
こちらの建物はティムールの息子ジャハンギールが眠る廟。
f0136038_00543530.jpg
本来ティムールもここに葬られる予定だったらしいが、彼の遺体は結局サマルカンドから生まれ故郷に戻ることはなかった。

f0136038_00542915.jpg
ティムールの孫にあたるウルグベクが建てた金曜モスクの日陰で休憩していると、リョウが修学旅行中の女子高生に囲まれて、英語でいろいろインタビューを受け始める。
f0136038_00542995.jpg
この後、せがまれてリョウと僕を両脇に女子高生ひとりずつと記念写真。こんなモテたことない、長い列ができる笑。

一番奥まで歩いてへとへとの汗びっしょりになり、帰りはカートつかまえて乗せてもらって戻った。助かった。

途中の道端でおいしそうな葡萄を並べて売ってる。
f0136038_00542991.jpg
ランチは峠のレストランで、ビーフとラムのバーベキューを、野菜とヨーグルトと共に頂く。肉が柔らかくてんまい!さすがに峠の店にドラフトビアはなかったので、ツボルグをボトルで。
f0136038_00543091.jpg
今日のパンはぷっくりのノンではなく、平べったいファテル。かなり固くて食べ辛い。

最後に定番の緑茶。ミーシャが、肉食った後はグリーンティに限るな、と言って何杯もおかわりした後、ポケットの容器から煙草を取り出して口に含んだ。ウズベクでは噛み煙草が人気のようだ。
f0136038_00543090.jpg
また1時間半のドライブでサマルカンドに戻り着き、この後タジキスタンに入国してパミール高原を目指すというリョウを宿に送って、自分はサマルカンドの鉄道駅へ向かう。
f0136038_00542945.jpg
楽しかったし、おいしかったし、いろいろ学んだ文明の十字路ウズベキスタン。また来れたらいいな、来れるかな。


[PR]
# by phraganet | 2018-08-24 01:09 | ウズベキスタン

サマルカンドブルー

この日も朝早く起きて、昼間の酷暑からは想像もできない気持ちいい涼しさの中を散歩。
f0136038_01283006.jpg
おばさんたちが公園で井戸端会議をする脇を通り抜けて、レギスタンアンサンブルへ。

開門はまだだが、ポリスに下手な英語で付いて来いと声を掛けられた。
f0136038_01283033.jpg
ホントは入場できないところを特別に入れてやるとの話だなとすぐ理解したが、人が来ないうちにゆっくり散歩するのもありかと素直に付いて行った。

レギスタンはアンサンブルというぐらいで、左からウルグベクマドラサ、中央にティリャコリマドラサ、そして右にシェルドルマドラサと15世紀ごろの3つの神学校が向かい合う複合施設。

誰もいない朝の文化遺産の中をひとつずつ独り占めの散歩。
f0136038_01283065.jpg
ミナールの上にも登ってみた。
f0136038_01283092.jpg
シェルドルマドラサの門の上部に、人面の太陽を背負った豹が白鹿を追う姿が左右に描かれている。
f0136038_01283021.jpg
あ、これはウズベキスタン到着初日に、タシュケントでメトロ乗車のお釣りに200スム札もらって、何じゃこりゃ?と不思議に思った絵柄ではないか。
f0136038_01312518.jpg
f0136038_01312515.jpg
宿に戻ると、中庭のテーブルに朝食の用意が整っていた。
f0136038_01283013.jpg
ひとりで食べ始めたら、タシュケントからドライヴして来たロシア系の夫婦もテーブルに加わって、英語のできる旦那の方といろいろおしゃべりした。

朝食を終えて宿の外に出ると、ミーシャが車で待機していた。これをお土産に、とプラムをくれた。いや、ブハラで散々プラム食ったしと言ったら、いやいや、サマルカンドのプラムはブハラのとは全然違うから食ってみろと言う。確かに、ブハラで食べた酸っぱいものではなく、柔らかくて甘い、それはまるで白桃のような味だった。んまい!

今日は郊外のドライヴから始めて、後で市内に戻ると言いながら、車を出す。街を出ると、道路脇には林檎や葡萄の果物畑が広がった。

最初に着いたモスクは、ブハラでも見た木の柱が並ぶ造り。
f0136038_01283192.jpg
奥は15世紀の宗教指導者のお墓。
f0136038_01283009.jpg
参拝の人々は、境内にある古い樹の周りを静かに回っていた。
f0136038_01282416.jpg
モスクを出ると、綿畑が広がった。
f0136038_01282402.jpg
この辺り一帯はもともと綿の栽培が主だったが、サマルカンド出身の初代大統領イスラムカリモフの指導で、多くは経済効果の高い果物に植え替えさせたらしい。初代大統領に対する国民の尊敬が厚いことを言葉の端々に感じる。

次に着いたのはイマムボカリ霊廟。
f0136038_01282417.jpg
地元ではセカンドメッカと呼ばれるほどの聖地。まずは有難い湧き水で身を清めてから参拝。
f0136038_01282415.jpg
f0136038_01282582.jpg
その後市内に戻り、ティムールの孫にしてサマルカンドの統治者であり、学者でもあったウルグベクの天文台に寄る。
f0136038_01282564.jpg
次に訪れたのは風光明媚な聖なる泉。
f0136038_01282598.jpg
f0136038_01282527.jpg
ときどき標識にシアブという地名を見掛けるが、水脈というような意味で、高速鉄道アフラシアブの名前は、かつてのオアシス都市であったサマルカンドの旧名から取ったものらしい。また、例の太陽を背負った豹の絵も、このアフラシアブの都市の成立に関わる物語が込められていたらしい。

次に寄ったのはシャーヒズィンダ廟群。
f0136038_02200155.jpg
ピラミッドとかルクソールとかタージマハルとかフエとか、いろいろお墓を観光したことはあるけど、ここはその中でもひと際美しいと感じた。
f0136038_01384820.jpg
f0136038_01384874.jpg
突き抜けるような空の青さと相まったサマルカンドブルーの境地。
f0136038_01281756.jpg
f0136038_01281799.jpg
廟が並ぶ外観もだが、内部のタイルのデザインも美しい。
f0136038_01281732.jpg
f0136038_01281737.jpg
こちらはカズレットキズルモスクで、初代大統領はここに祀られている。
f0136038_01281125.jpg
向こうの丘の上に大きなモスクが見えて、そこまで歩く。これはティムールの建立したビビハヌムモスクで、ビビハヌムとはティムールの妻の名前らしい。
f0136038_02000140.jpg
ビビハヌムモスクの隣、デカいシアブバザールに入ってみた。
f0136038_01281161.jpg
少年が売るスパイス
f0136038_01281106.jpg
お世話になったおいしいプラムや林檎、葡萄。
f0136038_01281174.jpg
ミーシャがここで一旦ランチにしようと言って、プロフのおいしい店に連れて行ってくれた。
f0136038_01281272.jpg
ご飯にビーフが乗っているのは一緒だが、ブハラで食べたプロフのようにピーナツとレーズンはない。代わりにうずら卵が乗ってる。ミーシャが、どんと出て来た関節からコラーゲンをこそぎ落とし、中から骨髄を取りだして、こちらに回してくれた。んまい!
f0136038_01281266.jpg
店の女性たちが冬に向けた備蓄用に、取れたてトマトを絞っていた。
f0136038_01281193.jpg
こちらはティムールとその家族の墓、グーリアミール廟。
f0136038_01280399.jpg
その近くのドームは、デリーでもよく見るかたちのもの。
f0136038_01280384.jpg
ティムールは14世紀後半から中央アジアやコーカサスだけでなく、ペルシャやオスマン帝国や中国とも戦火を交えている。一時はデリースルタン朝のひとつトゥグルク朝を撃破してデリーに入城し、多くの財宝をサマルカンドに持ち帰った。このときインドイスラム建築の特徴も学んだらしい。歴史の繋がりを感じる。

またティムールの子孫であるバーブルは、16世紀にパニパットの戦いでロディ朝を破って、デリーとアグラを征服して帝国を築き、これはムガル朝(モンゴルの王朝)と呼ばれて、英国植民地になるまで続いた。

ミーシャが近くにワイナリーがあると言うので、それは是非テイスティングさせてもらわねばと思ったが、日曜日は18時から営業とのことで、一旦宿に戻って休憩し、夕方改めて出掛ける。
f0136038_01280309.jpg
前室の展示。
f0136038_01280361.jpg
奥に進むと、おひとり様のためにここまでのセッティング。ほお!
f0136038_01280446.jpg
まず最初の白を口に含んで、すっきりした中にもフルーティな味わいがあり、その感想を口にすると、伝統に従って飲み干して頂かないと次の説明に移れない、と言う。

その後、ひとつひとつ説明受けながら、ドライの赤を2種、デザートワイン4種、結構きついなあと思いながら、続けてコニャックを、軽め、重め、ハーブと蜂蜜を浸けた薬草風の3種と頂き、やっと全部空けた達成感と共に、ブラボー!とプレゼンテーションに拍手したら、気をよくした係員が、ちょっと待ってくださいと奥に引っ込み、これは普段テイスティングでお出ししていないのですが、と特別にもうひとつ最高級コニャックを箱から出してきた。
f0136038_01280439.jpg
行掛り上、これ飲まんわけにいかんな。ひえーっ!

ワイナリーを出た後、ミーシャが、ワインも試したことだし、近くにブルワリーもあるので、今度は出来立てドラフトビアも試してみろと勧められ、もうここまで来たらどうにでもなれという気分で、ケバブをつまみにまた飲む。

この夜はディナーにも出掛けず、宿に戻ったらぶっ倒れるように寝た。ZZZ


[PR]
# by phraganet | 2018-08-19 01:57 | ウズベキスタン
例によって朝からエスキシャハル(旧市街)を散歩。
f0136038_22451528.jpg
この小さなブハラの町に3日目ともなると、タキ・テルパク市場の店員からおはよう!と声が掛かるようになったが、今日はついにサマルカンドへの移動日。

すっかりお世話になったゲストハウスのオーナー夫婦にお暇して、ラビハウズの道端でランチを取っている3人組の男性を横目で見ながら通り過ぎようとしたら、どうだ一口!と声を掛けられた。
f0136038_23561944.jpg
まだ中央アジアを代表する米料理、プロフを食べたことがなかったので、遠慮なく頂く。

うーん、噂どおり、んまい!
パラパラしたご飯がビーフと野菜にぴったり。レーズンとピーナッツも入っていて、絶妙の旨みと食感を出している。

ありがとう!とお礼を言って立ち去る。

実はブハラ駅に着く前に、中央アジアを代表する麺、ラグメンをトライしたいと考えていたので、タクシーつかまえてラグメンニーと言った。

タクシーの運転手に「キタイか?」と訊かれた。ほお、これは初めて受ける質問。
ロシア語で中国をキタイ(契丹)と呼ぶ。香港の航空会社 Catahy もこの言葉。
「ヤポーニャだ」と答える。

ラグメンニーは店名ではないので、運転手はどこへ行ったらいいかわからず、ブハラ市内をぐるぐる回ったが、ともかくラグメンのおいしい店ということで、地元の人で満杯のレストランに連れて行ってもらった。
f0136038_22470107.jpg
ビーフと野菜の乗ったトマトスープのうどん。言葉が通じず、何だかわからないけど、お奨めの甘酸っぱいフルーツジュースと一緒に。

初日の経験もあり、駅には1時間以上前に着く。
f0136038_22451591.jpg
プラットフォームで売ってるサモサはビーフ入り。
f0136038_23585344.jpg
印度のサモサの中身はじゃが芋や玉ねぎだけど、中央アジアの肉入りサモサが印度に伝わってヴェジになったと聞いたことがある。
f0136038_22451556.jpg
左奥に見える高速鉄道アフラシアブでなく、また右のシャークで2等45000スム(640円ほど)。

乗り込んでみると、4人掛けコンパートメントで、向かいの2席は遥か先にあって無駄に広い。
f0136038_00003820.jpg
このテーブル、うちのダイニングより確実にデカいな。隣に乗客がいなかったので、2時間半ほど楽ちんの乗車。

サマルカンドはウズベキスタン第2の都市で、ブハラに比べると格段にデカい街。
f0136038_23594008.jpg
駅前にトラムが見えたので、乗れるかなと歩き出したら、熊のプーさんみたいな小柄な運転手にタクシーを勧められる。

ただ、こっちもブハラの滞在でウズベキスタンの金銭感覚に慣れていて、そう簡単には応じない。訊いてもないのに、東京、新宿、池袋と日本の3都市を回ったことがあると自慢げにしゃべってるのも信用できないと思ったが、行こうとしているゲストハウスは知っているようだし、1万と言ったら、1万5千と応じたので、ま、そんなに高くないかと折れてタクシーに乗り込んだ。

運転手は車の中でも、東京を訪れたのはちょうど桜の時期で、日本人はみんな公園で花見しながら呑んでいたと、そのときの話を続けた。本名と別に、ミーシャとロシア語ニックネームを名乗ったこの運転手に、結局サマルカンドで連日お世話になることになった。
f0136038_00014400.jpg
レギスタンスクエアすぐ近くのゲストハウス FURKAT に到着し、ミーシャとまた明日ねと言って別れる。
f0136038_22450244.jpg
中に入ると、そこはとても落ち着く中庭に設えてあって、庭に面した席に通され、まずはこちらでお茶でもと接待される。

緑茶を頂いて一息ついてから2階の部屋へ。
f0136038_22450242.jpg
おっさんひとりで泊まるには勿体ない、スザニのタペストリを飾ったかわいい部屋だった。
f0136038_00025296.jpg
ゲストハウスを出てすぐのところで、ノンを並べて売っているスタンドがあったが、そのピカピカの表面は素朴なブハラのノンと見た目が全く違う。
f0136038_22450230.jpg
ひとつ買ってみたら、ブハラのノンの倍の値段5千スム(っても72円)。受け取ったら、これまたずっしり倍ほど重い。製法が違うんだろな。

ノンをぶら下げたまま、レギスタンアンサンブルで夕暮れどきをのんびり過ごす。
f0136038_22450246.jpg
美しい!

晩メシはレギスタン向かいの店でコボブにドラフトビア。
f0136038_22450337.jpg
自分で持ち込んだマイブレッドを切って出してもらった。店にパン持込んだら普通は怒られるな笑。
f0136038_22450397.jpg
サマルカンド初日はこんな感じ。


[PR]
# by phraganet | 2018-08-14 00:12 | ウズベキスタン
ブハラの2日目。

昨日の経験から朝涼しいうちに散歩しようと6時に起きて、ラビハウズに出る。
f0136038_09132987.jpg
小さな町なので、どこ歩くと言っても限られるが、人通りもまばらな中、まだ全く店開きしていないタキ・テルパク市場を通り抜け、カローンモスクを過ぎて、アルク城まで来た。
f0136038_09132933.jpg
門は西を向いているので朝は逆光になるが、立派な城壁が威圧感を醸し出している。

まだ誰もいないし、門も開いてないので、ベンチに腰掛けて朝の気持ちいい空気を楽しんでいたら、隣に初老の男性が座った。みんながやっているようにアラビア語でアサラムアライコムと挨拶すると、彼はグッドモーニングと英語で答えた。ウズベク系ではないようだ。彼はここのロシア語ガイドだと自己紹介した。なるほど。

しばらく会話した後、8時の開門だが、その前の方が城からの眺めはいいんだ、と言いながら彼が門の方に歩き出したので、着いて行った。門の前には案内板があり、アルク城は4世紀に建築の始まった非常に長い歴史を持つ城で、1920年まで実際にエミールが住んだと書かれている。

ロシア語ガイドが携帯から電話すると厚い門扉の内側で呼び出し音が鳴っているのが聞こえ、しばらくして門を開けてポリスが出てきた。寝起きの不機嫌な顔でガイドに文句言ってるが、その割にはすんなりふたりを通してくれた。ラッキ!

というわけで、ガイドに着いて、誰もいない城内を散歩する。

玉座
f0136038_09132957.jpg
プライベートスペースに繋がるこのクーポラからエミールが城壁の外のレギスタンスクエアに集まった民衆に姿を見せたらしい。
f0136038_09132960.jpg
ガイドが、アルク城もいいが、ここから6kmほど行った夏の宮殿、スィトライモヒホサも素晴らしいと紹介してくれた。帰り際に彼の自作だというブハラの風景画が入ったお土産を買い、お礼に少し多く払って城を出る頃には8時の開門時刻になっていた。

途中、市場で一番に開いた絨毯屋で男性に話し掛けられ、店の中に入った。彼曰く、3日前まで45度を超す酷暑でどうしようもなかったが、それが過ぎた後の到着はラッキーだなと言われた。そうか、今週までもっと暑かったのか。

彼はアーティストでもあり、金属の皿に彫刻して、その作品も店に並べていたので、その中で小さいものをひとつ買った。
f0136038_09132958.jpg
これはナスレディン・アファンディという高名な神学者で、ひょうきんな性格だったそうな。確かにラビハウズ近くに彼の銅像があり、地元での人気は高そう。
f0136038_09132886.jpg
代金10万といわれて、払おうとお札を2枚取り出して渡したら、これは1万だと言って笑われた。あ、そっか、1,2,3,4と5千スム札を20枚数える。

すると、彼が5千スム札の束を持ち歩くのは大変だろうから、新しく発行されたばかりの5万スムと替えてやろうかと言ってくれたので、お願いした。
f0136038_09132305.jpg
おお!
これが普及すれば、ウズベキスタンの旅はずっと楽になるはず。ってか、クレジットカードが使えるようになって欲しいけど、果たしてどっちが早いか?

宿に戻ると、奥さんが僕ひとりのために朝食を用意して待ってくれていた。
f0136038_09132392.jpg
ノンに付けて頂いたアプリコットのジャムは絶品だった!ジャムというよりアプリコットの実を丸ごとシロップ漬けにしてひとつひとつ頂く感じ。

その後、部屋に戻って休憩していたら、パティオに話し声が響いたので部屋から出ると、宿の主人と、若いスタッフのアブザルとボビエが、ノンでブランチ取りながらおしゃべりしていた。3人が飲んでるのは緑茶だ、それも日本のような急須に湯飲み。そうか、ウズベクの人たちはパン食べながらグリーンティを飲むのか。昨日の列車の中での会話が蘇る、なるほど。

アブザルはナルトやポケモンなど日本のアニメが好きで、小さい頃は涙しながらおしんを観ていたらしい。今日はジュムアト(みんなでお祈り)だと言った。うん、マレーシア語やインドネシア語でも金曜日をジュムアトと呼ぶ。

ボビエはタジク語とロシア語の話者で英語はできないが、携帯画面で翻訳を見せ、今夜は皆既月食プラス火星大接近だとうれしそうに伝えてきた。

ウズベク語がトルコ語の系統であるのに対し、タジク語はペルシャ語の系統であるらしい。でもアラビア語で挨拶してるし、いろんなところにロシア語やサンスクリットの影響もあり、さすが文明の十字路、中央アジアだなと会話の中にもダイナミズムを感じた。

アブザルにエスキシャハル(旧市街)でどこのレストランがうまいか訊いたら、そりゃチノールだろと教えてくれた。

台所を覗くと立派な洗濯機があったので奥さんに許可もらって使わせてもらった。
f0136038_09132399.jpg
昨日から歩くたびに汗の量が多いので、シャツや下着のやりくりに助かった。

奥のリビングを見せてもらったら、息を飲むような素敵な部屋だった。わお!
f0136038_09132336.jpg
午後、陽が傾いてから宿を出て、ラビハウズから黄色い小型タクシーを拾い、朝聞いたスィトライモヒホサへ行ってくれと言った。

運転手がこちらを見て、タイラン?と訊くので、え、なんでわかる?イエス、タイから来た、と答えたが、そこは通じなかった。実はカエルダン?というウズベク語で、どこから来た?という質問だった。ヤポンと答えると、おお、ヤポンと嬉しそうにしている。

途中で市場へ行くおばあさんとふたりの孫娘も拾って後ろに乗せた。タクシーが信号の左折で直進車のすぐ前を横切った。怖いな、運転。

と、そのとき、前を走っていた同じ黄色いタクシーが運転誤って側溝に突っ込んだ。びっくり!
f0136038_09132496.jpg
言わんこっちゃない、安全運転心掛けてや~

市場でおばあさんと孫娘を下ろし、ほどなく宮殿に着く。
f0136038_09131739.jpg
接客の間
f0136038_09131880.jpg
奥の池の畔にある宮殿
f0136038_09131840.jpg
その間は葡萄棚の歩道で結ばれているが、白葡萄がたわわに実っていた。
f0136038_09131800.jpg
うーん、ここではきっとおいしいワインが取れるに違いない。

帰りはアルク城前でタクシーを降りた。
f0136038_09131885.jpg
朝は逆光だったので、夕陽に映える城門も撮っておきたかった。

朝と同じベンチに腰掛けていると、今度は隣に若い女性が座った。彼女は大学の史学科を卒業した後、城内のミュージアムに勤務していて、仕事帰りで友達がピックアップしてくれるのを待つという。名前はナルギザ、花という意味よ、と言った。

へえ、花ちゃんなんだ。

今スィトライモヒホサに行った帰りだと言ったら、スィトライはエミールの妻の名で、モヒは月という意味、と説明してくれた。そうか、あれは月の宮殿だったか。

そしてここはレギスタン、レギが砂で、スタンは場所という意味。うん、このあたりの国名は全部スタンだもんね。

すぐ向かいはボラハウズというお気に入りのモスクですが、行きましたか?と訊かれ、知らないと答えたら、一緒に行きましょうと誘ってくれた。ボラハウズは水の上という意味よ。

申し訳ないな、友達と待ち合わせなのに。

大丈夫、友達が着いたら電話くれるから。
f0136038_09131888.jpg
僕が彼女を撮影したら、今度は彼女が僕の横に来て携帯でツーショットを何枚か撮った。どきどきするなあ。

というわけで女性に付いてモスクにお参りするという人生初体験になるかと思ったら、ちょうど友達から電話が入り、若い男性が猛ダッシュでやって来た笑。

花ちゃんは彼とのキスの後、ごめんなさい、ではお先に、と行ってしまったので、結局ひとりで参拝した。どうでもいいけど、ムスリムでも人前でキスするんだな、しかもモスクで…
f0136038_09131173.jpg
城の前に建つエミールのためのモスク、確かに外観も内装も美しかった。
f0136038_09131154.jpg
その後、エスキシャハルをゆっくり散歩したり、買い物したり。
f0136038_09132311.jpg
散歩しながら人々に話し掛けるのに、ホントにいい町だな(言葉は通じないけど)。
f0136038_09132384.jpg
ゲストハウスの素敵なリビングのデザインといい、市場に並ぶ細密画や陶器のアートを見ていると、何度も訪れたラジャスタンを思い起こさせる。やっぱり歴史的に繋がりが深いんだろうな。
f0136038_01225421.jpg

陽が暮れてからアブザルに教わったチノールに入った。イカしたレストランでもやはり湯飲みは日本風笑。

ワインをグラスで頼めるか訊いたら、OKとのことで、まずは白。
f0136038_09131103.jpg
んまい!やっぱりいいワインができるんだ。やるな、ウズベキスタン!

まずはマンティ、包子の中身はビーフ。とろとろの皮もうまい!
デフォルトで皿にマヨネーズが乗っているが、特別なソースはあるのか訊いたら、追加でトマトソースも持ってきてくれた。
f0136038_09131113.jpg
そしてビーフと野菜のシャシリク。赤も十分重くておいしい!
f0136038_09131140.jpg
マイったな、こんな素敵なレストランで、ビーフのシャシリク1万スム(143円)、ヴェジのシャシリクが6千スム(86円)だって!なんじゃ、そりゃ。

今夜も満足のほろ酔いで、涼しい夜風に当たりながら宿に戻る。
f0136038_09131108.jpg


[PR]
# by phraganet | 2018-08-07 23:21 | ウズベキスタン

ブハラに到着

f0136038_01440167.jpg
日本への出張予定がキャンセルになって、4連休の週末に何するかって話で、初の中央アジア目指して、バンコク発ウズベキスタン航空を急遽予約した。

仕事を終えてから搭乗すると、タシュケントの空港に夜中2時に着く。
f0136038_01513699.jpg
今年から日本人の旅行にはビザ不要になり、入国書類もなくすんなり入国。きれいなターミナルを抜けると、外に客待ちのタクシーが並んでいるが、現地通貨スムをまだ持っていない。
f0136038_01440110.jpg
税関にどこで両替できるか訊いたら左に歩いて出発ターミナルへ行けと教えられた。言われた通り出発ターミナルで24時間営業の両替カウンターを見つけたが、2時から3時まで休憩中で閉まっている。

仕方なく、混雑した出発ロビーに空いた席を見つけて座ったら、隣のおばさんにウズベク語で何やら話し掛けられた。「分かりません」と答えるのだが、それを違いますと答えたとでも誤解したのか、また質問が続く。と、その隣の中学生ぐらいの娘が「ドイツに行くのですか?」と英語でフォローしてくれたので、「今着いたところです」と返した。娘に同じ質問したら、「フランクフルトにいる叔母一家を訪ねます」とのこと。

案内板を見ると、今ここに座っているのはサンクトペテルベルグか、フランクフルトか、イスタンブルへ行く人たちのようだ。

「これからブハラに行きたいが、どう行けばいいですか?」と尋ねたら、娘は向かいに座っていたお父さんと会話した後、「車でなく鉄道が便利です」と答えてくれた。またお母さんから質問受けて日本人だと答えると、「ヤポンなのね、私はウズベク」と言って笑っている。

この初めての会話で、ウズベク語で「ありがとう」が「グラフマート」であることを学んだ。

3時になり、両替カウンターに200USDを差し出すと、美人の係員から5000スム札の塊が返ってきた。街でクレジットカードを使えるところが少ないと聞いているので仕方ないが、しかしとてもポケットに入る量じゃないな。
f0136038_01440115.jpg
空港からタクシーつかまえて、近くにあるタシュケント駅に行ってもらった。
f0136038_01440178.jpg
誰もいない駅舎横のチケットカウンターは夜中にも関わらず開いていて、7:30の高速鉄道アフラシアブをお願いするも、これまた美人係員からNoと返答を受け、代わりに9:13発シャークのブハラ行きをゲット。ついでにブハラから明後日のサマルカンド行きも予約した。
f0136038_01440191.jpg
彼女が札束から代金5000スム札を30枚ほど抜きながら、最後に、シャークの出発駅はサウスステーションよ、と注意した。

え、タシュケント駅じゃないの?

どうもアフラシアブとシャークで、行先は同じでも出発駅が違うらしい。

ともかくこれで週末のウズベクでの予定が確定し、列車の出発時刻まで街中に出てみようと大通りを歩き始めた

気温は20度を切るぐらいの涼しさ。5時ぐらいに空も明るくなってきて、タシュケントの街の中心部、ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場に着く。
f0136038_01433272.jpg
この劇場は大地震の際にも無傷で、北の壁面のプレートに「極東から強制移送された数百名の日本国民が建設に参加し、その完成に貢献した」と称えられている。
f0136038_01433106.jpg
一度Wifiに繋ぎたくて、劇場のすぐ前のオシャレなカフェに入るが、残念ながらWifiはなかった。
f0136038_01433149.jpg
これまた美人ウェイトレスにサウスステーションがどこにあるのか尋ねるが、サウスステーションという英語自体が通じないので、どうしようもない。別の男性店員も英語を話せなかったが、この前ジョージアで聞いたダーとかニエットとかロシア語を返される中、両手のひらを広げてジェーシェと言っているのが10のことで、南駅をユーズニーヴォグザルと呼ぶことが分かったので、車つかまえてそう言えば、あとは10分、1万スムで着くということらしい

そんなに遠くないな、よかった。
f0136038_01433134.jpg
カフェを出て公園を抜け、近くのメトロ駅に降りる。どこまで乗っても1200スム、17円。
f0136038_01433105.jpg
2つ先にミノールという駅があったので、古いメトロに乗って、ミノールモスクの見学に行った。
f0136038_01433198.jpg
誰もいないと思って勝手に入っていくと奥で女性が3人熱心にお祈りしているところだった。

陽が昇ってくると、さっきまでの涼しさがうそのように気温がぐんぐん上昇する。

駅には1時間前に着こうと、ミノールモスクの前で女性を下ろした車をつかまえ、ユーズニーヴォグザルと言ったら、1万スムで行かないと言われ、1万5千スムで妥協して助手席に座る。よく考えると140円か210円というぐらいの交渉で、ウズベクの物価は信じられないほど安い。

乗ってから思ったが、これはタクシーじゃなくて、普通のおじさんが自分の車を運転しているだけのようだ。途中で道端に立つ人に行先訊きながら、同じ方向に向かう人を募っている。ここではもともとシェアライドのシステムが普及しいるらしい。

女性のひとりが「ユーズニー」と言ったように聞こえ、おじさんが喜んで女性を後ろに乗せると、しばらく進んで駅に着いた。
f0136038_01433133.jpg
駅舎では無料Wifiが使え、通信速度は遅いながらもブハラの調べごとや宿の手配をしようとしたら、まだ出発50分も前なのに駅員に列車に乗るよう促されてホームに向かう。
f0136038_01424667.jpg
席は6人掛けコンパートメントだった。確かに定刻通りに出発。

途中でお兄さんが「サンドウィッチにチーズブルギャー」とトレイを持って売りに来たところを、向かいのおばさんが呼び止めて、ふたりの子供たちに朝ごはんを買い与えた。ここでお兄さんがジェーシェと言ったので、僕も1万スム渡してチーズバーガーをひとつもらった。さっきは「コフィかチャイ」と言って歩いていたので、お茶ももらおうと「チャイ」とお願いしたら、「コーラ?」と訊かれた。

なんでコーラなんだよ、チャイだよと返したら、さらに困った顔で「クーク?」と尋ねられた。

え?

ここで向かいのおばさんが「グリーン?」とフォローしてくれ、あ、チーズバーガーなだけにグリーンじゃなくてブラックティって言ったら、おばさんが今度はお兄さんに向かって「コーラ」と注文した。

そっか、

確かにカーラは黒だよ、サンスクリットで。

しばらくしてちゃんとブラックティが出てきた。
f0136038_01424656.jpg
会話の中で、このコンパートメントの人懐こい客たちがウズベク系であることを知る。「こんにちは」はムスリムらしくアラビア語で「アサラムアライコム」と言い合っている。一方、タシュケントで会ったちょっと冷たい両替やチケットカウンターの係員、カフェ店員の美男美女たちはロシア系だったんだ。

6時間近い列車の旅の末にブハラに到着。横に高速鉄道アフラシアブが悠々と止まっているのが恨めしく見えた。
f0136038_01424675.jpg
駅前でタクシーをつかまえ、ブハラ観光の中心ラビハウズに連れて行ってもらうと、そこはシルクロードのオアシスのような一画だった。
f0136038_01424678.jpg
池の周りの建物群と合わせて17世紀のトルコ系王朝によって造られたアンサンブル(コンプレクス)で、ハウズはペルシャ語で池を意味するらしい。確かに南デリーにもハウズカスという、大きな池を持つ宮殿跡があった。
f0136038_01424684.jpg
ラビハウズの周りに広がるエスキシャハルと呼ばれる旧市街にゲストハウスがたくさんあり、そんな中のひとつに飛び込んで2泊することに決めた。
f0136038_01424692.jpg
建物の外側からではわからないが、中はなかなかおしゃれにできてる。
f0136038_01420148.jpg
夕方、ラビハウズ近くのテキ・テルパク市場に散歩に出掛ける。
市場の入り口で煙草のばら売りなどをしているおばあさんに、「クシー、クシー」と、ひまわりの種やクルトという塩ヨーグルトの固まりの試食を勧められた。
f0136038_01420179.jpg
なるほど、ブハラの町並は実際に古い建物を改装したり、古い建物に似せたトーンで開発し、美観を損なわないようにしているんだな。
f0136038_01420181.jpg
イスラム神学校マドラサは、ウズベクではメドレセと呼ばれ、町のあちこちに大きな門が残っている。
f0136038_01420149.jpg
メドレセ近くにベーカリーの看板があり、中を覗くと少年がムスリムの丸いパンを焼いているところだった。
f0136038_01420110.jpg
ウズベク語でノンと呼ばれるこのパンには、この後毎日お世話になった。インドのナンと言葉の繋がりあるのかな?

道を歩いていると、おじさんに家内は料理が得意なのでとうちのレストランに来たらいいと誘われて行ったら、それはレストランというより、彼んちの居間だった笑。
f0136038_01420128.jpg
あ、さっきのノンだ。頼んだらビールも買ってきてくれた。もちろん食事代金は払った。

ついでに、今日一日聞いたウズベク語とロシア語を整理しようと思ったら、このおじさんはタジク語を話すタジク系だったので、残念ながら目的は果たせなかった。

そんなこんなでウズベキスタンでの一夜目を迎えた。
f0136038_01420176.jpg


[PR]
# by phraganet | 2018-07-31 01:41 | ウズベキスタン

ヤンゴンに出張

ヤンゴンに新しいオフィスがオープンし、バンコクから手伝うよう任命受ける。
f0136038_01433546.jpg
オフィスはダウンタウンのスーレーパヤーのすぐ近く。
f0136038_00335704.jpg
ビル入り口のセキュリティは厳しい。
f0136038_00335716.jpg
地下には日本食やカフェ、おしゃれなスーパーマーケットが入っていてびっくり!

オフィス歩いて至近の新しいホテル。あれ、ここ15年以上前初めてヤンゴン来たとき泊まったタマダホテルのあった場所だ。うわ、偶然と言うか、運命感じる。
f0136038_00335795.jpg
部屋はこじんまりしてるけど、設備が整っていて使いやすい。ベッドも気持ちいい。
f0136038_00335601.jpg
朝メシに下に降りてったら、これまたいかしたスペースで、おいしいオムレツを焼いてくれる。

ここから徒歩5分の出勤、行って来ま~す!


[PR]
# by phraganet | 2018-05-29 00:33 | ミャンマー
トビリシのゲストハウス、メテヒサイドの屋根裏部屋2泊目、夜明けまで降り続いた雨は止んだが、肌寒い朝を迎えた。

昨日はトビリシの北から西、ムツヘタとゴリに向かったが、今日は真っ直ぐ東へ、昔からワインの生産地として有名なカヘティ地方を目指す。

今日の運転手は、昨日夕方ハマムに行くときゲストハウスの隣で声を掛けられたエリックにお願いした。
f0136038_02024524.jpg
走ってる途中スタンドでコーヒーと、その隣でショーティ(ジョージアンブレッド)を朝メシに奢ってくれた。優しい人だな。
f0136038_02024695.jpg
カヘティ地方に入るころには、気温はどんどん下がるは、霧で前は見えなくなるわ、最悪の天候。視界が悪すぎて、走行中事故らないか肝を冷やした。

最初に到着したのは、グルジア正教会で最も厚い信仰の対象である聖ニノが埋葬された聖地、ボドべ修道院。
f0136038_02024605.jpg
聖ニノは奇跡起こす女性と崇められ、4世紀にカッパドキアからジョージアにキリスト教の布教に来たらしい。院内には独特の葡萄十字が彼女の象徴として描かれている。

残念ながら、濃霧と小雨、それにあまりの寒さにゆっくり鑑賞できんかった。

車は少し進んで、風光明媚な村として名高いカヘティの行政の中心シグナギに入った。山の中に位置するこの町の眺めは素晴らしいらしいが、なんせ視界が開けないのだからどうしようもない。
f0136038_02024669.jpg
かつてペルシャからの攻撃に備えてグレートウォールが築かれたというんで、少しだけ城壁を見ることができた。

エリックはアルメニアの家系だそうで、英語は自信ないが、グルジア語、アルメニア語、ロシア語、トルコ語ができると言った。それでも昨日のヨルギンよりよっぽど英語がうまい。ジョージアとアルメニアの言葉は似ているか尋ねたら全然違うと答えた。確かに文字も全く違うしな。因みにアゼルバイジャンとトルコの言葉は似てるとのこと。

彼はアルメニア姓を持っているので、アゼルバイジャンには入れないらしい。アルメニアはアゼルバイジャンからカラバフ領土問題で虐殺を受けた歴史があって犬猿の仲。斯く言うジョージアも南オセチアとアブハジアというふたつの事実上の独立地域を抱えて、情勢は複雑そうだ。何で戦争するのか、仲良くできればいいのに、とエリックは溜息と共にこの話を締めた。

車はシグナギから北西に進路を変え、カヘティ地方でも特にワイナリーで名高いテレヴィに向かう。途中道路脇に見えた教会。
f0136038_02024079.jpg
テレヴィの町ではボトニスツェへ要塞を見下ろす丘に登った。この辺りまで来ると、もうロシアとの国境まですぐ20kmほど。
f0136038_02024086.jpg
その後、ワイナリーのひとつ、カバラワネリに寄る。
f0136038_02024636.jpg
奥に長いワイン貯蔵トンネルの入り口近くを公開しているとの話だった。
f0136038_02024077.jpg
アメリカ人女性ふたりと一緒になり、トンネルの奥へ見学に歩く。
f0136038_02024049.jpg
甕を床に埋めて醸造するところ。
f0136038_02024532.jpg
アメリカ人女性のひとりはドバイに勤務中で、今度名古屋転勤だけど、どう名古屋?と訊かれて一瞬答えに詰まったら、日本人にこの質問するとみんな答えにくそうと、キャハハと笑った。不安にさせたかと思い、いや、名古屋メシおいしいし、いいとこだと繕ってみたが遅かったか。
f0136038_02024025.jpg
ジョージア美人のガイドに白と赤を一杯ずつ、説明受けながら試飲。
f0136038_02024094.jpg
トンネルから出てくると、民族衣装の楽団と観光客が歌で盛上っていた。

エリックが、帰りは違うルートで、ゴムボリパスから戻ると言う。
f0136038_02023354.jpg
ほら、木々が美しいだろ、と最初のうちはよかったのだが、途中で吹雪になった。
f0136038_02023394.jpg
f0136038_02023364.jpg
さぶっ。

というわけで今日も日帰りドライブを楽しみ、夕暮れのトビリシに戻る。

旧市街のゲストハウスは、言わば観光地の中心にあって、たまには少しローカル気分を味わいにこのエリアを抜け出そうと、メトロで、初日アルメニア行きバンを探したステーションスクエアへ移動。
f0136038_02022188.jpg
プリペードカードはこんな。
f0136038_02023413.jpg
そして噂の長――いエスカレータ。
f0136038_02023408.jpg
トビリシのパンは、おいしくてホント毎日お世話になった。
f0136038_02023448.jpg
ああ、スルグニ(チーズ)はこんな風に売られてるんだ。
f0136038_02022692.jpg
チュルチュヘラとドライフルーツ、ナッツの店に入って土産を買う。ここのドライアプリコットおいしかった!

しばらく歩いてチュリに入ると、店員に完全に無視された。
f0136038_02023493.jpg
他の客はみんな好き好きに注文してるけど、どうやってオーダーしていいかわからん。仕方なく自分からカウンターにオーダーしに歩いて行ったら、初めてメニュー渡された。なんだ、ちゃんとメニューあるんだ、しかも英語併記あるし。

どこのテーブルにもジョッキが並んでいて、このワイン大国ジョージアでビールは珍しいなと思ったら、みんなジョッキでワイン飲んでる。これはトラディショナルワインと呼ばれる種類で、少し黄色掛かっている。だからビールと見間違えたんだけど。
f0136038_02023456.jpg
ご飯とパクチーがたくさん入った仔牛のトマトスープ、ハルチョで始める。さすがローカル、ショーティ(ジョージアンブレッド)は無料で持ってきてくれた。

小籠包ヒンカリ、絶品!頭のところは固いので食べないらしい。
f0136038_02022697.jpg
そしてこの店のシグナチュア、シュクメルリ(チキンシチュー)、圧倒の美味!
f0136038_02022695.jpg
半端ないガーリックの効かせ方!

ワインお替りして、お勘定したら全部で33ラリ(1500円)、安過ぎやろ、それ!

ドア近くのテーブルでお楽しみ中のおっさん達、うわ、ヒンカリ大量注文。
f0136038_02022638.jpg
そしてまた地下深ーーいメトロの駅へ。
f0136038_02022783.jpg

翌日、トビリシ最後の朝の散歩。
f0136038_02022793.jpg
何度も通った、ゲストハウスからメテヒ教会に降りる坂道。
f0136038_02022052.jpg
メテヒ教会から市街を見下ろす。

山の左はナリカラ要塞跡、中央にフニクラ乗り場、右にグルジアの母。
f0136038_02022073.jpg
そしてI Love Tbilisi広場、目に焼き付けておきたい景色。
f0136038_02022026.jpg
その後、近くのシオニ教会にも寄った。
f0136038_02022111.jpg
f0136038_02022025.jpg
気温5度、
f0136038_02022769.jpg
身体の温まるものを求めて、豆のシチューにハルチョとショーティ。
f0136038_02022118.jpg
グルジア料理は相変わらず安定のおいしさ。

この後空港でも時間があり、残りのラリを全部使ってしまおうとサペラヴィのボトルを開けた。
f0136038_02022000.jpg
ターミナルがどこでも喫煙できて、煙草臭いのが難だったけど、ジョージアのワインをお別れの瞬間まで満喫させてもらった。


[PR]
# by phraganet | 2018-05-17 02:01 | ジョージア

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: