カサブランカからアル・ジャディーダへ

まだ真っ暗な中、メクネスのメディナを徒歩で出て、05:29の特急に乗り、カサ・ヴォヤジャーまで3時間15分、1等指定135Dh。ほとんどが単線だけど、ラバトとカサブランカの間は複線化工事中のようだった。
f0136038_00371482.jpg
カサブランカ到着後、まずは駅前のibisにチェックイン。

街の中心までちょっと距離があるけど、カサ・ヴォヤジャー駅向かいの公園にトラムの停留所があり、これが街の真ん中を縦断してくれているので便利至極!
f0136038_00372447.jpg
トラムの切符販売機に路線図が出てこないので、どうやって切符買ったらいいか最初戸惑ったけど、どこまで乗っても統一料金で、片道か、往復か、2往復かを訊いてくる。往復で13Dh。駅員に聞いたら5番目がカサブランカの街の中心、国連公園とのこと。電子音でチンチンと鳴らしながら走るトラムに揺られ、正月なのに春めいた穏やかな天気の中を散歩に出掛ける。

ランチはカフェでチキンケバヴ。
f0136038_00373263.jpg

翌朝また早起きしてカサ・ヴォヤジャー06:27発アル・ジャディーダ行きに乗る。2等35Dh。終点アル・ジャディーダの小さな駅に着くと、駅前に白いプチタクシーが屯していて、運転手のひとりにシティ・ポルトギューと言ったら、うん、と頷いたので後部座席に乗り込むと、助手席に別のおばさんが先客として座っていた。おばさんが途中の住宅地で10Dh払って降りたので、海岸道路に出てシティ・ポルトギュー城壁前でタクシーが止まったとき少し多めに30Dh払って降りた。
f0136038_00373915.jpg

カサブランカから西に90kmのビーチリゾート、アル・ジャディーダはモロッコの観光地としてメジャーとは言えないかもしれないけど、NHK世界遺産という番組で、16世紀から18世紀この地がポルトガル支配下にあった時代の要塞を紹介していたのを観て、折角なので寄ってみようと思った。

f0136038_00381597.jpg
門をくぐると、海岸までまっすぐに伸びる通り。まだあまり人気はない。
f0136038_00383108.jpg
交番?
f0136038_00394789.jpg
通りを行き止まりまで歩くと、ここから城壁の上に登れる。
f0136038_00395423.jpg
f0136038_00400958.jpg

香ばしい匂いが周囲に漂っていて、壁の中を覗くと、おじさんが窯で定番の丸パンを次々焼き上げているところだった。
f0136038_00400260.jpg

通りに戻ってくると、閉まっていた通りの店が開き始めた。
f0136038_00401639.jpg

もうひとつ、さっき閉まっていた扉を入ると、階段が下に伸びていた。
f0136038_00405805.jpg
天窓から日が入る地下貯水槽
f0136038_00404792.jpg

要塞の中はゆっくり歩いてもすぐ回りつくしてしまうほどの大きさ。


昼にはカサブランカに戻って、またトラムに乗って今度はセントラルマルシェで降りてみた。市場でおばさんに呼び止められ、レモンを絞った生牡蠣を殻から口に流し込む。んまい!

市場の中庭には新鮮なシーフードの店が並んでいて、牡蠣やらソールやらカラマリを頂く。贅沢や!
f0136038_00410650.jpg

さてと、明日はいよいよモロッコを後にし、マドリードのソル広場で1泊してからバンコクまでの長距離フライト。


[PR]
by phraganet | 2014-06-09 00:47 | モロッコ

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: