トランジットでマドリードの夜

行きはマドリードからライアンエアでマラケシュに入り、帰りはカサブランカからイベリア航空でマドリードに戻る。道中モロッコ国鉄にはすっかりお世話になりました。お蔭で効率よく堪能できた。

カサブランカの空港で余ったディルハムをユーロに両替していざイベリア航空機に搭乗。機内でサンドイッチが出たので、ちょっとだけ齧っていると、隣の品のいい年輩女性がビールを注文した。おお、ビア!そうか、ビール飲めるのか。考えたら格安ライアンエアとは違うわな。僕もすぐに真似して注文。

女性の方から質問を受け、モロッコ横断列車の旅をしてきたことを話した。
逆に彼女にどこから来たのか尋ねると、それはね、と勿体ぶってから、とてもとても素敵な街、と答えた。。。え?
トレドよ!私のうちは大聖堂のすぐ裏なの。若い頃はワインの仕入れをしていたので、マドリードからスペイン中のワイナリーを回ったの。どの地方にも景色のいい素敵なワイナリーがあって、ホントに楽しかった。もう歳で疲れちゃったので、今はトレドでのんびりしているの、とのことだった。

そうか、トレドか。せめて1日あればマドリードから日帰りで行けたのに。次回必ず寄りますと約束した。


バンコク行きTGは朝発なので、この日はマドリードに1泊。マドリードの空港を出ると、8号線、10号線、1号線とメトロを乗り継いで、ソル広場に向かった。新しい車両はドアのボタンを押すと開くけど、古いのは駅に着いたらレバーを上げてドアを開ける。見様見真似で何とか到着し、駅から地上に上がると、イルミネーションに飾られた広場には小雨がぱらついていた。
f0136038_00263640.jpg
人垣の中心でクラウンがパフォーマンスしているとこで、一緒になって覗き込んだら中に引っ張り込まれて相手役させられた。まったく。。。

ソル広場から歩いてすぐのところに取ったホテルは、店と店の間の柱にある扉のインターホンを押して、開けてもらって上がっていく。このあたりの安宿はみんなそんな作りになっているようだ。

部屋に荷物を置いて、マヨール広場まで歩く。生憎の小雨だし、日曜日の夜ということもあるのか、人影は多くない。
f0136038_00264949.jpg

でも、人気のバルを覗くとたくさんの客でごった返していた。
f0136038_00265794.jpg
ワインは安いし、料理はどれもこれもおいしそう!くそっ、とても一晩では味わい尽せない。スペイン、また出直さねば


[PR]
by phraganet | 2014-06-10 00:35 | スペイン

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: