バルセロナの市場飲み

セヴィリャからバルセロナに飛んで、夕方にグラシア通りカタルーニャ広場近くで日本からの知人カップルと待ち合わせ。タクシーでTICKETという大人気店に行ったが、数か月先まで予約でいっぱいと言われて姉妹店を紹介され、そこでタパスとカヴァ三昧。

翌朝ガウディの傑作サグラダ・ファミリアにお参りに行く。地下鉄サグラダ・ファミリア駅で降りて階段を上るとそこに見慣れた聖堂が建っていて圧倒される。
f0136038_01130169.jpg
ここでも観光客が聖堂に沿って長蛇の列を作っていて、予約してなかったので仕方なく列の後ろに着き、やっとこ10時入場のチケットをゲット。エレベーターで塔の上に登るチケット11時の分も一緒に買う。

聖堂の中がこんなになってるのは、入って初めて知った。
f0136038_01130173.jpg
f0136038_01130183.jpg
f0136038_01130157.jpg
いやあ、ご苦労さまです、この聖堂の建設。

アンダルシアを気ままに散歩して来た身には、ブランドショップの並ぶバルセロナの大通りは都会過ぎてあまり歩く気がせず、自然にカテドラル地区の小道の方に足が向く。
f0136038_01131033.jpg
そして、ボケリア市場とサンタ・カタリーナ市場の両方を覗いてみた。

おお、キノコ屋さん!
f0136038_01131014.jpg
おお、トマト屋さん!
f0136038_01131031.jpg
などと冷やかしながら、最後に市場の中のカウンターで新鮮なシーフードを料理してもらいながらやっぱりカヴァ。
f0136038_01131077.jpg
メニューはスペイン語の上にカタルーニャ語で書いてある。聞いてたとおりの独立心。マドリードではあちこちスペイン国旗が翻ってたけど、バルセロナではカタルーニャ州の旗しか見ない。それぞれのフットボールチームの対決も因縁だしね。


夜また知人と合流し、TICKETに再挑戦。どうせ入れないのではと思ってたら、彼の意地の交渉が功を奏して、昨夜の受付女性が席を取っといてくれた。やったね!
f0136038_01130014.jpg
料理は日本の懐石のようなコースになっていて、女性がひとつひとつ説明しながら出してくれるのだが、途中から酔っぱらって何が何だったかよく思い出せず、後で数えたらデザート入れて全部で17品。
f0136038_01131046.jpg
支払いもかなりの額だったけど、ワインボトルも4本開けたことだし、コストパフォーマンスは悪くない。これもなかなかできないプライスレスな体験だしね。

それでもやっぱり、通りのバルや市場で気軽にタパを楽しんだのが僕には一番の思い出だな、スペイン。


[PR]
by phraganet | 2014-12-23 02:06 | スペイン

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: