京都と広島のパワースポット散歩

水シャワー浴びたら少し肌寒く感じた。

ついこの間まであまりの暑さに冷たいシャワー浴びたくても蛇口から暖まった水しか出て来なかったのに、6月末になって印度3度目の酷暑季をやり過ごしたか。

毎年暑さのピークを迎える5月末から6月第一週に、大阪で友人の挙式やら田舎で免許書換やらあって一時帰国した。今回無料アップグレードでTGのCクラス、バンコク経由の関空行きは787。
f0136038_01425464.jpg
泡、白、白、赤、赤とワイン頂きながら「あん」を鑑賞。

サミット厳戒態勢や羽田の大韓航空機出火事故もあったけど、問題なく到着して大阪駅近くのゲストハウスにチェックイン。そのまま寝てもよかったけど、夜の風が気持ちよくて、折角なんで街に出ておいしいラーメンと箕面ビアおさるのIPA。
f0136038_01425453.jpg
翌日は朝からヨドバシカメラで、目をつけていたCoolpix AW130やG-Shock GW9400などなどまとめて爆買い!印度住んでます、とパスポート見せて消費税免税、さらに海外クレジットカードで5%引きとお得。

その後連夜の同窓会やら披露宴でベロベロの週末。

明けて月曜朝京都に移動。北山のパワースポット上賀茂神社へ。地下鉄の駅を出て、途中御手洗川沿いを歩く。
f0136038_01425454.jpg
「風そよぐならの小川の夕ぐれは」という権中納言敦忠の歌は百人一首でもよく知ってたけど、「ならの小川」が京都だとわかってなかった(汗。

名産のすぐき漬けを実家への土産に買う。

古くからずっと信仰の対象だった鎮守の杜はやはり特別なパワーが溢れている気がする。
f0136038_01425433.jpg
この後バスに乗り込んでプリペイドの一日乗車券をゲットし、下鴨神社から祇園へ。ほうじ茶ソフトクリーム片手に、花見小路、建仁寺、八坂の塔、二年坂、高台寺、八坂神社と散歩して、河原町近くでおばんざい、その後レストランバーにハシゴ。

いいなあ、京都、いつ来ても。

火曜の夜久々の知人と合流して広島へ、薬研掘界隈でおいしい魚と日本酒。広島は本社勤務の頃何度も出張で訪れたのに一度も観光したことなかったので、翌朝広電に乗ってトリップアドバイザーの本邦ナンバー1観光名所、厳島を目指す。

ここでも車掌さんからフェリーとセットの一日乗車券をゲット。日付をスクラッチして使う。
f0136038_01425421.jpg
船着場から土産物屋街、厳島神社、多宝塔、紅葉谷公園と抜け、弥山へ向かう。
f0136038_01425410.jpg
トレッキングシューズがあれば麓から歩いて登ってもよかったけど、今回結婚式などあってそういう装備ではなかったので、広電一日乗車券見せると割引になるロープウェイを乗り継ぎ。
f0136038_01471553.jpg
ロープウェイ終点駅から山頂まで1kmの山道。途中の1,200年間燃え続けているという消えずの霊火。これは平和記念公園の灯火の元火とのこと。
f0136038_01471572.jpg
大きな岩をくぐって山頂へ。
f0136038_01471602.jpg
展望台からは瀬戸内360度の景色で、広島の街も見渡せる。
f0136038_01471626.jpg
伊藤博文は、ここで、日本三景の一の真価と評した。厳島全体も古代からずっと自然崇拝の対象であり続けた特別な場所、特に弥山はシュメール山の位置付けだからね。
f0136038_01471685.jpg
ロープウェイでまた麓に降り、今度は厳島神社の左隣、千畳閣へ。
f0136038_01471688.jpg
秀吉が、戦で命を落とした兵士の慰霊のため建立した建物。これまた、荘厳な雰囲気のいいとこ。しばらくまったりしてみた。

散歩の途中で、できたてもみじ饅頭や八天堂クリームパンをおいしく頂く。

帰りの広電で、バラクオバマに5日遅れの原爆資料館を訪れ、慰霊碑にお祈り。慰霊碑から見る平和の灯火、その向こうにドーム。
f0136038_01431174.jpg
碑の文句は、東京裁判で被告全員の無罪を主張した印度代表パール判事に叱られたもの。

夜はまた薬研掘に出て、この日は鉄板焼きとお好み焼き。んまい!
f0136038_01431170.jpg

広島からの帰り、ピエリ守山近くの滋賀県免許センターに寄って免許の更新。郷里長浜では、母親と黒壁あたりの散歩も気持ちよかった。

いやあ、1週間ほんとにリラックスできた休暇で、パワースポット巡りも、町歩きも食べ歩きも楽しめて、改めて日本、ほんとにいいなあと思った。


帰りの米原発関空特急はるかからA380の2階の個室みたいな空間ではずっと夢枕獏の「上弦の月を喰べる獅子」を読み耽ったけど、この作家、天才だな。すごい!
f0136038_01431117.jpg


[PR]
by phraganet | 2016-07-01 02:06 | 日本

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: