クンユアムの慰霊碑とブアトーンの丘

メーホンソン県クンユアム村の慰霊碑参拝ツアーに参加した。

ミャンマー国境まで10kmほどのこの山間の村までチェンマイ空港から300km近くをバンで移動して1泊。70年以上前この小さな村にインパール作戦の道路建設準備のため日本軍が大挙して押し寄せた。
f0136038_00410293.jpg
翌朝まず最初に訪れたのは村外れにあるトーペー寺の慰霊碑。ビルマ式もしくはタイヤイ様式と呼ばれる伽藍。

まずは碑の周りの草むしりと掃除。焼香しながらみんなで般若心経を唱える。
f0136038_00410284.jpg
この寺は野戦病院として利用され、住職が4歳のとき本堂はビルマ戦線から敗走してきた傷病兵でいっぱいになったと語ってくれた。
f0136038_00410204.jpg

今度は村に戻ってムエイトー寺。
f0136038_00410269.jpg
この寺の境内には3つほど慰霊碑がある。
f0136038_00410276.jpg
同じように掃除、焼香、読経。
f0136038_00410183.jpg
f0136038_00495761.jpg

この時期近くの山にブアトーンの花が咲き乱れるとのことで、ランチがてらドライブ。車を降りて丘の頂上まで花のトンネルを歩いてみた。
f0136038_00411107.jpg
f0136038_00411182.jpg
こりゃ、すごいわ、見事な景色!
f0136038_00411198.jpg
途中の道路脇で売っていたほおずきが甘くておいしかった。
f0136038_00411178.jpg

ブアトーンが満開の時期にだけ、近くの高校で少数民族の生徒が実習を兼ねて模擬店を出しているというので寄ってみる。カプチーノを運んでくれたのはモン族の女性。
f0136038_00411057.jpg
ソムタムコーナーはカレン族のふたり。
f0136038_00411723.jpg
癒されるね。

午後村に戻り、ムエイトー寺の向かいに新しくリニューアルされたという泰日友好記念博物館へ。
f0136038_00411756.jpg
この地に駐留した日本軍と村人との交流について展示されている。
f0136038_00411796.jpg
水筒やら飯盒やら兵士が残した生々しい遺品の数々も。
f0136038_00411791.jpg
博物館前にも慰霊碑があるのでここでもお参り。
f0136038_00412378.jpg
祖国を遠く離れて、作戦も武器も食料もない絶望的な戦線に放り出され、命を失っていった無念さは如何ばかりかと思いを馳せる。


この日村にもう1泊して翌日またチェンマイ空港までの長い道のり。

途中、メーサリアンから少し山道を入った秘湯でひとっ風呂。
f0136038_00412335.jpg
f0136038_00412283.jpg
気持ちのいい湯だった!


[PR]
by phraganet | 2017-12-06 01:00 | タイ

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: