カテゴリ:クロアチア( 3 )

ドブロヴニク旧市街 sanpo


f0136038_22022692.jpg
ホテルでゆっくりがっつり朝ごはんを済ませた後、近くのバス停からバスでドブロヴニク旧市街に移動。
f0136038_22022622.jpg
城門からすぐ中に入らず、ロープウェイでスルジ山に上ってまずは町を見下ろした。なるほど、これが中世に交易都市として栄えた共和国の全容か。しっかりした城壁に囲まれている。

f0136038_22022775.jpg
ロープウェイを降りて、北の城門から中に入ると急な階段が中央のプラツァ大通りまで続く。
f0136038_22022704.jpg
通りに出た!
f0136038_22022751.jpg
一番大きなフランチェスコ会修道院の中。
f0136038_22022763.jpg
町中に無数にある細い道に沿って散歩。
f0136038_22024274.jpg
f0136038_22022649.jpg
そんな一角にあるレストランで、ちょっと遅いお昼にビールとタコのカルパチョ、小魚のフリッターを頂く。
f0136038_22024347.jpg
城壁の外の港に出てみたら、観光客が海水浴していた。水がきれい!
f0136038_22073020.jpg
門番のいる東の城門からまた中に戻る。雰囲気出てていいね!
f0136038_22024338.jpg
f0136038_22024311.jpg
ディナーは最もクロアチアのローカルフードっぽい店にしようとまたうろうろ。
f0136038_22024200.jpg
明日はドブロヴニクの空港からザグレブ、カタール経由で戻るけど、正直帰りたくなくるね(涙)


[PR]
by phraganet | 2017-09-09 22:17 | クロアチア
ザグレブ最後の朝、早起きしてドラツ市場をもう一度覗いた。
f0136038_01490695.jpg
ザグレブから南へ向けて出発し、途中で清流が中を流れる美しい村ラストケに寄る。
f0136038_01490611.jpg
さらに進んで、エメラルドグリーンに輝く16の湖と92の滝を抱くプリトヴィツェ湖群国立公園を5時間掛けて歩いた。
f0136038_01490630.jpg
f0136038_01490602.jpg
f0136038_01485332.jpg
いい散策だったが、敷地が広大なのと観光客が多過ぎて、思い通り回り切れず時間切れ断念。

今日の宿泊地スプリト目指してまた南下を続けると、山火事による通行止めでこのままハイウェイを進めないと運転手が言い出した。夏の間全く雨の降らないこの地方では毎年山火事が頻発するらしく、確かに遠くに煙が上がるのが見える。

一般道を回り、すっかり陽が暮れてからスプリトに到着。

疲れたけど、お腹も空いていたので、せめて夕飯はどこで食べられるか尋ねたら、宮殿は24時間眠らないので出掛けてくるといい。宮殿の地下を抜けて海に出たら、右に折れて真っ直ぐ進むと一番人気のレストランがあると教えられた。

ホテルから一本道を下ると、立派な城壁が見えてきて、宮殿の北門に着く。
f0136038_01485354.jpg
3世紀末にローマ皇帝ディオクレティアヌスがここに宮殿を建て、帝国が衰えた後、人々が城壁に囲まれた宮殿の中に街を作って住み始めたのがスプリトの始まりだそうだ。
f0136038_01485439.jpg
うわ、確かに、こんなすごい遺跡の中にお店や住居がぎっしり。
f0136038_01485471.jpg
f0136038_01485460.jpg
宮殿を抜けて港に沿って進むと、教えられたとおりにそのレストランが現れ、白ワインと共に絶品!魚のスープやらフリッターやらイカ墨リゾットを頂いた。
f0136038_01484297.jpg
大満足!しかも安い!


翌朝もバスの時刻まで宮殿とその周りを歩いた。
f0136038_01484252.jpg
あ、この辺りの模型だ。
f0136038_01484110.jpg
今度は昨夜のレストラン脇の小道を上がり、展望台から街を見下ろした。
f0136038_01484138.jpg
いい空気、きれいな街。アドリア海を渡ってきたと思われる大型客船が港に停泊している。

港の反対側にあるバスターミナルに移り、クロアチアのほぼ南端ドブロヴニク行き長距離路線バスに乗り込む。
f0136038_01484135.jpg
アドリア海を右に眺めながら、途中でボスニア・ヘルツェゴビナを横切って、この旅の最終目的地ドブロヴニクを目指す。


[PR]
by phraganet | 2017-09-06 01:59 | クロアチア

ザグレブに到着

正月以来となるカタール航空機は、周辺のアラビア諸国と国交断絶中だけに、前回と違ってペルシャ湾を大きく迂回してほぼ真北からドーハの空港にアプローチし、また一旦北上して大回りしながらヨーロッパ上空に入った。

お疲れさんです。

ザグレブの空港に昼過ぎに着き、一旦ロウワータウンのホテルにチェックイン。クロアチアはEUに加盟したけど、ユーロでなく自国通貨クナを使っているので、まずはホテル向かいのATMへ。お腹が空いて近くのピッツァリアに入ったら、チーズとルッコラのピザがめちゃんまかった。さすが!

f0136038_02115684.jpg
まずはアッパータウンを目指そうと、ホントなら街中に張り巡らされているトラムが移動に便利なのだが、まだ運行系統がよくわからず、食後の散歩がてら歩いた。
f0136038_02115685.jpg
街の中心(と勝手に思ってる)イェラチッチ広場に出て、ドラツ市場を覗いてみたが、土曜日の午後は既に店仕舞いに掛かっているところで、残念。

気を取り直して、街一番のレストラン街(と勝手に思ってる)トカルチチェヴァ通りに上がり、気持ちよく散歩。
f0136038_02115693.jpg
今晩は何にしようかとみんなが楽しんでいる食事を通りから観察。

ピザも多いが、肉や魚のグリルが中心のようだ。

f0136038_02115742.jpg
カプトル地区を一周回って大聖堂の中を見学した後、今度はトカルチチェヴァの一本西ラディチェヴァの坂を登り、ストーンゲートをくぐって、聖マルコ教会に出る。
f0136038_02115792.jpg
f0136038_02115773.jpg
屋根のモザイクがちょっとデジタルデザインっぽく見えるこの教会、存在感あるな。

普段締切りの扉が開いていて、ラッキーにも荘厳な教会の中を見学させてもらえた。

ここを真っ直ぐ南に下ると、大聖堂とアッパータウンを見下ろす丘に出る。
f0136038_02115541.jpg
きれいな街だな、ザグレブの旧市街。

もう少し散歩を楽しみたかったのに、日暮れ近くになって小雨が降ってきたので、みやげ物屋の若い女性に地元料理を尋ね、新しい人気レストランだというNa Dolcuを教えてもらい、飛び込んでみたら、ザグレブのディナータイムには少し早かったようで空いていた。
f0136038_02115663.jpg
野菜のグリルに仔牛のトリュフソース、クロアチアの白ワインをグラスで頂く。


[PR]
by phraganet | 2017-08-31 02:17 | クロアチア

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: