<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シャフリサブス歴史地区

f0136038_00543512.jpg
最終日朝の散歩は、宿を出て公園を右に折れ、レギスタンアンサンブルを背に歩くと、昨日訪れたビビハヌムモスクに出た。
f0136038_00543503.jpg
今回の宿Furkatは、サマルカンドの主な遺跡にすべて歩けるホントにいいロケーションだった。並びにあるシアブバザールはまだ開いてない。

散歩から宿に戻ると、今日の朝食はサモサだと言われて出てきたこれ、見慣れた三角形ではないが、ウズベクではこれもサモサと呼ぶのだろうか。
f0136038_00543524.jpg
昨日ミーシャに、サマルカンドからタシュケントへ帰る列車が午後だと言ったら、昼までにティムール生誕の地、シャフリサブスに行こうと言われ、宿で知り合った琉球大生リョウも誘って出掛けた。

シャフリサブスは、周りを山に囲まれたサマルカンドから南に85km、山をひとつ越えて行く。
f0136038_00543540.jpg
1時間半ほどのドライブで到着した駐車場からシャフリサブス歴史地区に入ると、まず目の前に現れるのが遠近感が狂うほどのどデカさ、ティムールの夏の宮殿、アクサライの門。
f0136038_00543637.jpg
屋根は崩れ落ちてしまっているが、その大きさとかつてブルーに輝いたであろう美しさが忍ばれる。
f0136038_00543649.jpg
その奥にあるアミールティムールの立像。
f0136038_00543602.jpg
歩き始めて分かったが、歴史地区と言われるこの公園は、どこまであるんだろうというぐらい奥に長い。
f0136038_00543551.jpg
こちらの建物はティムールの息子ジャハンギールが眠る廟。
f0136038_00543530.jpg
本来ティムールもここに葬られる予定だったらしいが、彼の遺体は結局サマルカンドから生まれ故郷に戻ることはなかった。

f0136038_00542915.jpg
ティムールの孫にあたるウルグベクが建てた金曜モスクの日陰で休憩していると、リョウが修学旅行中の女子高生に囲まれて、英語でいろいろインタビューを受け始める。
f0136038_00542995.jpg
この後、せがまれてリョウと僕を両脇に女子高生ひとりずつと記念写真。こんなモテたことない、長い列ができる笑。

一番奥まで歩いてへとへとの汗びっしょりになり、帰りはカートつかまえて乗せてもらって戻った。助かった。

途中の道端でおいしそうな葡萄を並べて売ってる。
f0136038_00542991.jpg
ランチは峠のレストランで、ビーフとラムのバーベキューを、野菜とヨーグルトと共に頂く。肉が柔らかくてんまい!さすがに峠の店にドラフトビアはなかったので、ツボルグをボトルで。
f0136038_00543091.jpg
今日のパンはぷっくりのノンではなく、平べったいファテル。かなり固くて食べ辛い。

最後に定番の緑茶。ミーシャが、肉食った後はグリーンティに限るな、と言って何杯もおかわりした後、ポケットの容器から煙草を取り出して口に含んだ。ウズベクでは噛み煙草が人気のようだ。
f0136038_00543090.jpg
また1時間半のドライブでサマルカンドに戻り着き、この後タジキスタンに入国してパミール高原を目指すというリョウを宿に送って、自分はサマルカンドの鉄道駅へ向かう。
f0136038_00542945.jpg
楽しかったし、おいしかったし、いろいろ学んだ文明の十字路ウズベキスタン。また来れたらいいな、来れるかな。


[PR]
by phraganet | 2018-08-24 01:09 | ウズベキスタン

サマルカンドブルー

この日も朝早く起きて、昼間の酷暑からは想像もできない気持ちいい涼しさの中を散歩。
f0136038_01283006.jpg
おばさんたちが公園で井戸端会議をする脇を通り抜けて、レギスタンアンサンブルへ。

開門はまだだが、ポリスに下手な英語で付いて来いと声を掛けられた。
f0136038_01283033.jpg
ホントは入場できないところを特別に入れてやるとの話だなとすぐ理解したが、人が来ないうちにゆっくり散歩するのもありかと素直に付いて行った。

レギスタンはアンサンブルというぐらいで、左からウルグベクマドラサ、中央にティリャコリマドラサ、そして右にシェルドルマドラサと15世紀ごろの3つの神学校が向かい合う複合施設。

誰もいない朝の文化遺産の中をひとつずつ独り占めの散歩。
f0136038_01283065.jpg
ミナールの上にも登ってみた。
f0136038_01283092.jpg
シェルドルマドラサの門の上部に、人面の太陽を背負った豹が白鹿を追う姿が左右に描かれている。
f0136038_01283021.jpg
あ、これはウズベキスタン到着初日に、タシュケントでメトロ乗車のお釣りに200スム札もらって、何じゃこりゃ?と不思議に思った絵柄ではないか。
f0136038_01312518.jpg
f0136038_01312515.jpg
宿に戻ると、中庭のテーブルに朝食の用意が整っていた。
f0136038_01283013.jpg
ひとりで食べ始めたら、タシュケントからドライヴして来たロシア系の夫婦もテーブルに加わって、英語のできる旦那の方といろいろおしゃべりした。

朝食を終えて宿の外に出ると、ミーシャが車で待機していた。これをお土産に、とプラムをくれた。いや、ブハラで散々プラム食ったしと言ったら、いやいや、サマルカンドのプラムはブハラのとは全然違うから食ってみろと言う。確かに、ブハラで食べた酸っぱいものではなく、柔らかくて甘い、それはまるで白桃のような味だった。んまい!

今日は郊外のドライヴから始めて、後で市内に戻ると言いながら、車を出す。街を出ると、道路脇には林檎や葡萄の果物畑が広がった。

最初に着いたモスクは、ブハラでも見た木の柱が並ぶ造り。
f0136038_01283192.jpg
奥は15世紀の宗教指導者のお墓。
f0136038_01283009.jpg
参拝の人々は、境内にある古い樹の周りを静かに回っていた。
f0136038_01282416.jpg
モスクを出ると、綿畑が広がった。
f0136038_01282402.jpg
この辺り一帯はもともと綿の栽培が主だったが、サマルカンド出身の初代大統領イスラムカリモフの指導で、多くは経済効果の高い果物に植え替えさせたらしい。初代大統領に対する国民の尊敬が厚いことを言葉の端々に感じる。

次に着いたのはイマムボカリ霊廟。
f0136038_01282417.jpg
地元ではセカンドメッカと呼ばれるほどの聖地。まずは有難い湧き水で身を清めてから参拝。
f0136038_01282415.jpg
f0136038_01282582.jpg
その後市内に戻り、ティムールの孫にしてサマルカンドの統治者であり、学者でもあったウルグベクの天文台に寄る。
f0136038_01282564.jpg
次に訪れたのは風光明媚な聖なる泉。
f0136038_01282598.jpg
f0136038_01282527.jpg
ときどき標識にシアブという地名を見掛けるが、水脈というような意味で、高速鉄道アフラシアブの名前は、かつてのオアシス都市であったサマルカンドの旧名から取ったものらしい。また、例の太陽を背負った豹の絵も、このアフラシアブの都市の成立に関わる物語が込められていたらしい。

次に寄ったのはシャーヒズィンダ廟群。
f0136038_02200155.jpg
ピラミッドとかルクソールとかタージマハルとかフエとか、いろいろお墓を観光したことはあるけど、ここはその中でもひと際美しいと感じた。
f0136038_01384820.jpg
f0136038_01384874.jpg
突き抜けるような空の青さと相まったサマルカンドブルーの境地。
f0136038_01281756.jpg
f0136038_01281799.jpg
廟が並ぶ外観もだが、内部のタイルのデザインも美しい。
f0136038_01281732.jpg
f0136038_01281737.jpg
こちらはカズレットキズルモスクで、初代大統領はここに祀られている。
f0136038_01281125.jpg
向こうの丘の上に大きなモスクが見えて、そこまで歩く。これはティムールの建立したビビハヌムモスクで、ビビハヌムとはティムールの妻の名前らしい。
f0136038_02000140.jpg
ビビハヌムモスクの隣、デカいシアブバザールに入ってみた。
f0136038_01281161.jpg
少年が売るスパイス
f0136038_01281106.jpg
お世話になったおいしいプラムや林檎、葡萄。
f0136038_01281174.jpg
ミーシャがここで一旦ランチにしようと言って、プロフのおいしい店に連れて行ってくれた。
f0136038_01281272.jpg
ご飯にビーフが乗っているのは一緒だが、ブハラで食べたプロフのようにピーナツとレーズンはない。代わりにうずら卵が乗ってる。ミーシャが、どんと出て来た関節からコラーゲンをこそぎ落とし、中から骨髄を取りだして、こちらに回してくれた。んまい!
f0136038_01281266.jpg
店の女性たちが冬に向けた備蓄用に、取れたてトマトを絞っていた。
f0136038_01281193.jpg
こちらはティムールとその家族の墓、グーリアミール廟。
f0136038_01280399.jpg
その近くのドームは、デリーでもよく見るかたちのもの。
f0136038_01280384.jpg
ティムールは14世紀後半から中央アジアやコーカサスだけでなく、ペルシャやオスマン帝国や中国とも戦火を交えている。一時はデリースルタン朝のひとつトゥグルク朝を撃破してデリーに入城し、多くの財宝をサマルカンドに持ち帰った。このときインドイスラム建築の特徴も学んだらしい。歴史の繋がりを感じる。

またティムールの子孫であるバーブルは、16世紀にパニパットの戦いでロディ朝を破って、デリーとアグラを征服して帝国を築き、これはムガル朝(モンゴルの王朝)と呼ばれて、英国植民地になるまで続いた。

ミーシャが近くにワイナリーがあると言うので、それは是非テイスティングさせてもらわねばと思ったが、日曜日は18時から営業とのことで、一旦宿に戻って休憩し、夕方改めて出掛ける。
f0136038_01280309.jpg
前室の展示。
f0136038_01280361.jpg
奥に進むと、おひとり様のためにここまでのセッティング。ほお!
f0136038_01280446.jpg
まず最初の白を口に含んで、すっきりした中にもフルーティな味わいがあり、その感想を口にすると、伝統に従って飲み干して頂かないと次の説明に移れない、と言う。

その後、ひとつひとつ説明受けながら、ドライの赤を2種、デザートワイン4種、結構きついなあと思いながら、続けてコニャックを、軽め、重め、ハーブと蜂蜜を浸けた薬草風の3種と頂き、やっと全部空けた達成感と共に、ブラボー!とプレゼンテーションに拍手したら、気をよくした係員が、ちょっと待ってくださいと奥に引っ込み、これは普段テイスティングでお出ししていないのですが、と特別にもうひとつ最高級コニャックを箱から出してきた。
f0136038_01280439.jpg
行掛り上、これ飲まんわけにいかんな。ひえーっ!

ワイナリーを出た後、ミーシャが、ワインも試したことだし、近くにブルワリーもあるので、今度は出来立てドラフトビアも試してみろと勧められ、もうここまで来たらどうにでもなれという気分で、ケバブをつまみにまた飲む。

この夜はディナーにも出掛けず、宿に戻ったらぶっ倒れるように寝た。ZZZ


[PR]
by phraganet | 2018-08-19 01:57 | ウズベキスタン
例によって朝からエスキシャハル(旧市街)を散歩。
f0136038_22451528.jpg
この小さなブハラの町に3日目ともなると、タキ・テルパク市場の店員からおはよう!と声が掛かるようになったが、今日はついにサマルカンドへの移動日。

すっかりお世話になったゲストハウスのオーナー夫婦にお暇して、ラビハウズの道端でランチを取っている3人組の男性を横目で見ながら通り過ぎようとしたら、どうだ一口!と声を掛けられた。
f0136038_23561944.jpg
まだ中央アジアを代表する米料理、プロフを食べたことがなかったので、遠慮なく頂く。

うーん、噂どおり、んまい!
パラパラしたご飯がビーフと野菜にぴったり。レーズンとピーナッツも入っていて、絶妙の旨みと食感を出している。

ありがとう!とお礼を言って立ち去る。

実はブハラ駅に着く前に、中央アジアを代表する麺、ラグメンをトライしたいと考えていたので、タクシーつかまえてラグメンニーと言った。

タクシーの運転手に「キタイか?」と訊かれた。ほお、これは初めて受ける質問。
ロシア語で中国をキタイ(契丹)と呼ぶ。香港の航空会社 Catahy もこの言葉。
「ヤポーニャだ」と答える。

ラグメンニーは店名ではないので、運転手はどこへ行ったらいいかわからず、ブハラ市内をぐるぐる回ったが、ともかくラグメンのおいしい店ということで、地元の人で満杯のレストランに連れて行ってもらった。
f0136038_22470107.jpg
ビーフと野菜の乗ったトマトスープのうどん。言葉が通じず、何だかわからないけど、お奨めの甘酸っぱいフルーツジュースと一緒に。

初日の経験もあり、駅には1時間以上前に着く。
f0136038_22451591.jpg
プラットフォームで売ってるサモサはビーフ入り。
f0136038_23585344.jpg
印度のサモサの中身はじゃが芋や玉ねぎだけど、中央アジアの肉入りサモサが印度に伝わってヴェジになったと聞いたことがある。
f0136038_22451556.jpg
左奥に見える高速鉄道アフラシアブでなく、また右のシャークで2等45000スム(640円ほど)。

乗り込んでみると、4人掛けコンパートメントで、向かいの2席は遥か先にあって無駄に広い。
f0136038_00003820.jpg
このテーブル、うちのダイニングより確実にデカいな。隣に乗客がいなかったので、2時間半ほど楽ちんの乗車。

サマルカンドはウズベキスタン第2の都市で、ブハラに比べると格段にデカい街。
f0136038_23594008.jpg
駅前にトラムが見えたので、乗れるかなと歩き出したら、熊のプーさんみたいな小柄な運転手にタクシーを勧められる。

ただ、こっちもブハラの滞在でウズベキスタンの金銭感覚に慣れていて、そう簡単には応じない。訊いてもないのに、東京、新宿、池袋と日本の3都市を回ったことがあると自慢げにしゃべってるのも信用できないと思ったが、行こうとしているゲストハウスは知っているようだし、1万と言ったら、1万5千と応じたので、ま、そんなに高くないかと折れてタクシーに乗り込んだ。

運転手は車の中でも、東京を訪れたのはちょうど桜の時期で、日本人はみんな公園で花見しながら呑んでいたと、そのときの話を続けた。本名と別に、ミーシャとロシア語ニックネームを名乗ったこの運転手に、結局サマルカンドで連日お世話になることになった。
f0136038_00014400.jpg
レギスタンスクエアすぐ近くのゲストハウス FURKAT に到着し、ミーシャとまた明日ねと言って別れる。
f0136038_22450244.jpg
中に入ると、そこはとても落ち着く中庭に設えてあって、庭に面した席に通され、まずはこちらでお茶でもと接待される。

緑茶を頂いて一息ついてから2階の部屋へ。
f0136038_22450242.jpg
おっさんひとりで泊まるには勿体ない、スザニのタペストリを飾ったかわいい部屋だった。
f0136038_00025296.jpg
ゲストハウスを出てすぐのところで、ノンを並べて売っているスタンドがあったが、そのピカピカの表面は素朴なブハラのノンと見た目が全く違う。
f0136038_22450230.jpg
ひとつ買ってみたら、ブハラのノンの倍の値段5千スム(っても72円)。受け取ったら、これまたずっしり倍ほど重い。製法が違うんだろな。

ノンをぶら下げたまま、レギスタンアンサンブルで夕暮れどきをのんびり過ごす。
f0136038_22450246.jpg
美しい!

晩メシはレギスタン向かいの店でコボブにドラフトビア。
f0136038_22450337.jpg
自分で持ち込んだマイブレッドを切って出してもらった。店にパン持込んだら普通は怒られるな笑。
f0136038_22450397.jpg
サマルカンド初日はこんな感じ。


[PR]
by phraganet | 2018-08-14 00:12 | ウズベキスタン
ブハラの2日目。

昨日の経験から朝涼しいうちに散歩しようと6時に起きて、ラビハウズに出る。
f0136038_09132987.jpg
小さな町なので、どこ歩くと言っても限られるが、人通りもまばらな中、まだ全く店開きしていないタキ・テルパク市場を通り抜け、カローンモスクを過ぎて、アルク城まで来た。
f0136038_09132933.jpg
門は西を向いているので朝は逆光になるが、立派な城壁が威圧感を醸し出している。

まだ誰もいないし、門も開いてないので、ベンチに腰掛けて朝の気持ちいい空気を楽しんでいたら、隣に初老の男性が座った。みんながやっているようにアラビア語でアサラムアライコムと挨拶すると、彼はグッドモーニングと英語で答えた。ウズベク系ではないようだ。彼はここのロシア語ガイドだと自己紹介した。なるほど。

しばらく会話した後、8時の開門だが、その前の方が城からの眺めはいいんだ、と言いながら彼が門の方に歩き出したので、着いて行った。門の前には案内板があり、アルク城は4世紀に建築の始まった非常に長い歴史を持つ城で、1920年まで実際にエミールが住んだと書かれている。

ロシア語ガイドが携帯から電話すると厚い門扉の内側で呼び出し音が鳴っているのが聞こえ、しばらくして門を開けてポリスが出てきた。寝起きの不機嫌な顔でガイドに文句言ってるが、その割にはすんなりふたりを通してくれた。ラッキ!

というわけで、ガイドに着いて、誰もいない城内を散歩する。

玉座
f0136038_09132957.jpg
プライベートスペースに繋がるこのクーポラからエミールが城壁の外のレギスタンスクエアに集まった民衆に姿を見せたらしい。
f0136038_09132960.jpg
ガイドが、アルク城もいいが、ここから6kmほど行った夏の宮殿、スィトライモヒホサも素晴らしいと紹介してくれた。帰り際に彼の自作だというブハラの風景画が入ったお土産を買い、お礼に少し多く払って城を出る頃には8時の開門時刻になっていた。

途中、市場で一番に開いた絨毯屋で男性に話し掛けられ、店の中に入った。彼曰く、3日前まで45度を超す酷暑でどうしようもなかったが、それが過ぎた後の到着はラッキーだなと言われた。そうか、今週までもっと暑かったのか。

彼はアーティストでもあり、金属の皿に彫刻して、その作品も店に並べていたので、その中で小さいものをひとつ買った。
f0136038_09132958.jpg
これはナスレディン・アファンディという高名な神学者で、ひょうきんな性格だったそうな。確かにラビハウズ近くに彼の銅像があり、地元での人気は高そう。
f0136038_09132886.jpg
代金10万といわれて、払おうとお札を2枚取り出して渡したら、これは1万だと言って笑われた。あ、そっか、1,2,3,4と5千スム札を20枚数える。

すると、彼が5千スム札の束を持ち歩くのは大変だろうから、新しく発行されたばかりの5万スムと替えてやろうかと言ってくれたので、お願いした。
f0136038_09132305.jpg
おお!
これが普及すれば、ウズベキスタンの旅はずっと楽になるはず。ってか、クレジットカードが使えるようになって欲しいけど、果たしてどっちが早いか?

宿に戻ると、奥さんが僕ひとりのために朝食を用意して待ってくれていた。
f0136038_09132392.jpg
ノンに付けて頂いたアプリコットのジャムは絶品だった!ジャムというよりアプリコットの実を丸ごとシロップ漬けにしてひとつひとつ頂く感じ。

その後、部屋に戻って休憩していたら、パティオに話し声が響いたので部屋から出ると、宿の主人と、若いスタッフのアブザルとボビエが、ノンでブランチ取りながらおしゃべりしていた。3人が飲んでるのは緑茶だ、それも日本のような急須に湯飲み。そうか、ウズベクの人たちはパン食べながらグリーンティを飲むのか。昨日の列車の中での会話が蘇る、なるほど。

アブザルはナルトやポケモンなど日本のアニメが好きで、小さい頃は涙しながらおしんを観ていたらしい。今日はジュムアト(みんなでお祈り)だと言った。うん、マレーシア語やインドネシア語でも金曜日をジュムアトと呼ぶ。

ボビエはタジク語とロシア語の話者で英語はできないが、携帯画面で翻訳を見せ、今夜は皆既月食プラス火星大接近だとうれしそうに伝えてきた。

ウズベク語がトルコ語の系統であるのに対し、タジク語はペルシャ語の系統であるらしい。でもアラビア語で挨拶してるし、いろんなところにロシア語やサンスクリットの影響もあり、さすが文明の十字路、中央アジアだなと会話の中にもダイナミズムを感じた。

アブザルにエスキシャハル(旧市街)でどこのレストランがうまいか訊いたら、そりゃチノールだろと教えてくれた。

台所を覗くと立派な洗濯機があったので奥さんに許可もらって使わせてもらった。
f0136038_09132399.jpg
昨日から歩くたびに汗の量が多いので、シャツや下着のやりくりに助かった。

奥のリビングを見せてもらったら、息を飲むような素敵な部屋だった。わお!
f0136038_09132336.jpg
午後、陽が傾いてから宿を出て、ラビハウズから黄色い小型タクシーを拾い、朝聞いたスィトライモヒホサへ行ってくれと言った。

運転手がこちらを見て、タイラン?と訊くので、え、なんでわかる?イエス、タイから来た、と答えたが、そこは通じなかった。実はカエルダン?というウズベク語で、どこから来た?という質問だった。ヤポンと答えると、おお、ヤポンと嬉しそうにしている。

途中で市場へ行くおばあさんとふたりの孫娘も拾って後ろに乗せた。タクシーが信号の左折で直進車のすぐ前を横切った。怖いな、運転。

と、そのとき、前を走っていた同じ黄色いタクシーが運転誤って側溝に突っ込んだ。びっくり!
f0136038_09132496.jpg
言わんこっちゃない、安全運転心掛けてや~

市場でおばあさんと孫娘を下ろし、ほどなく宮殿に着く。
f0136038_09131739.jpg
接客の間
f0136038_09131880.jpg
奥の池の畔にある宮殿
f0136038_09131840.jpg
その間は葡萄棚の歩道で結ばれているが、白葡萄がたわわに実っていた。
f0136038_09131800.jpg
うーん、ここではきっとおいしいワインが取れるに違いない。

帰りはアルク城前でタクシーを降りた。
f0136038_09131885.jpg
朝は逆光だったので、夕陽に映える城門も撮っておきたかった。

朝と同じベンチに腰掛けていると、今度は隣に若い女性が座った。彼女は大学の史学科を卒業した後、城内のミュージアムに勤務していて、仕事帰りで友達がピックアップしてくれるのを待つという。名前はナルギザ、花という意味よ、と言った。

へえ、花ちゃんなんだ。

今スィトライモヒホサに行った帰りだと言ったら、スィトライはエミールの妻の名で、モヒは月という意味、と説明してくれた。そうか、あれは月の宮殿だったか。

そしてここはレギスタン、レギが砂で、スタンは場所という意味。うん、このあたりの国名は全部スタンだもんね。

すぐ向かいはボラハウズというお気に入りのモスクですが、行きましたか?と訊かれ、知らないと答えたら、一緒に行きましょうと誘ってくれた。ボラハウズは水の上という意味よ。

申し訳ないな、友達と待ち合わせなのに。

大丈夫、友達が着いたら電話くれるから。
f0136038_09131888.jpg
僕が彼女を撮影したら、今度は彼女が僕の横に来て携帯でツーショットを何枚か撮った。どきどきするなあ。

というわけで女性に付いてモスクにお参りするという人生初体験になるかと思ったら、ちょうど友達から電話が入り、若い男性が猛ダッシュでやって来た笑。

花ちゃんは彼とのキスの後、ごめんなさい、ではお先に、と行ってしまったので、結局ひとりで参拝した。どうでもいいけど、ムスリムでも人前でキスするんだな、しかもモスクで…
f0136038_09131173.jpg
城の前に建つエミールのためのモスク、確かに外観も内装も美しかった。
f0136038_09131154.jpg
その後、エスキシャハルをゆっくり散歩したり、買い物したり。
f0136038_09132311.jpg
散歩しながら人々に話し掛けるのに、ホントにいい町だな(言葉は通じないけど)。
f0136038_09132384.jpg
ゲストハウスの素敵なリビングのデザインといい、市場に並ぶ細密画や陶器のアートを見ていると、何度も訪れたラジャスタンを思い起こさせる。やっぱり歴史的に繋がりが深いんだろうな。
f0136038_01225421.jpg

陽が暮れてからアブザルに教わったチノールに入った。イカしたレストランでもやはり湯飲みは日本風笑。

ワインをグラスで頼めるか訊いたら、OKとのことで、まずは白。
f0136038_09131103.jpg
んまい!やっぱりいいワインができるんだ。やるな、ウズベキスタン!

まずはマンティ、包子の中身はビーフ。とろとろの皮もうまい!
デフォルトで皿にマヨネーズが乗っているが、特別なソースはあるのか訊いたら、追加でトマトソースも持ってきてくれた。
f0136038_09131113.jpg
そしてビーフと野菜のシャシリク。赤も十分重くておいしい!
f0136038_09131140.jpg
マイったな、こんな素敵なレストランで、ビーフのシャシリク1万スム(143円)、ヴェジのシャシリクが6千スム(86円)だって!なんじゃ、そりゃ。

今夜も満足のほろ酔いで、涼しい夜風に当たりながら宿に戻る。
f0136038_09131108.jpg


[PR]
by phraganet | 2018-08-07 23:21 | ウズベキスタン

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: