人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

石鎚山で修験

10月に会社を辞めて長浜の実家に戻った。

もっと閑な毎日になるかと思ったら、何せ22年も海外に暮らしたもんで、住民票入れてマイナンバー受け取ったり、日本の携帯番号買ったり、なんやかやと手続きに追われる日々になった。

そんな中、三軒茶屋の出汁番長の店「鈴しろ」で、おまかせ絶品料理に合わせて石鎚のひやおろしを頂いた。前にこのカウンターで七本槍頂いたら、その後思い掛けず蔵元を通り掛かる偶然があったが、不思議なもので今回も口にした酒の地元に引かれる運命になった。
f0136038_15294108.jpg

11月に入って大阪のとあるパーティで、以前ネパールとブータンに挟まれたシッキムを一緒させてもらったシゲさんと再会し、アウトドアのエキスパートである彼から、次は石鎚山を狙うと聞いて、迷わず同行を申し出た。キタッ!

翌週は、僕より先にバンコクから帰国していたさっちゃんと秋山に登ろうという話になり、まずは目の前の日本百名山にして滋賀県最高峰、伊吹山で新しい靴とポールを降ろした。

伊吹山はかつて修験の場であり、古くは日本武尊が伊吹山の神との闘いで致命傷を負ったと伝えられる。登山口から1,377mの山頂まで岩がゴロゴロする5kmの登山道。そう言えば、子供の頃この石灰岩の山はセメント製造のため盛んに採掘されていた。
f0136038_15294134.jpg
途中なだらかなスキーゲレンデ脇を通り、自動販売機のあるここが5合目。ここから山肌を何度も折り返しながら山頂を目指す。アスリートのさっちゃんには遅れを取ってしまったが、ともかく靴とポールのデビューはいい感じ。
f0136038_15294119.jpg

そしていよいよ翌週末、大阪で人と会ってから、松山行き高速バスに乗り込んだ。日本で長距離バスの利用は初体験、大阪駅のバスターミナルから各地へ次々バスが出ていることを初めて知る。
f0136038_15294136.jpg
仕事を終えて伊丹空港から飛んできたシゲさんと西条駅前のビジネスホテルで合流して一泊。

翌朝、駅から仰ぎ見た石鎚山。四国随一の霊峰にして西日本最高峰
f0136038_15294141.jpg
ロープウェイ前行きバスの始発7:47に乗って小一時間、1000円。降車のときバス停で時刻表を確認したら、日没前の最終は15:17。よし、これに間に合うように降りて来よう!

f0136038_09465431.jpg
ロープウェイ駅手前に役行者像があり、シゲさんから修験道の開祖である役行者の話を聞かせてもらう。
f0136038_15294111.jpg
20分ごとに出るロープウェイで標高1300mの成就駅へ、往復1950円。成就駅から石鎚神社中宮成就社まで15分ほどの登り。
f0136038_15294026.jpg
お参りを終えて神社を抜けると、八丁坂と呼ばれるなだらかな下り坂が続いた後、急な木の階段の登りが始まる。
f0136038_15294086.jpg
そして山頂まで4つある鎖場の最初、試し鎖全長74m。
f0136038_09465497.jpg
トレッキングシューズの厚い靴底が引っ掛かるような足場が少なく、本当はよくないが、鎖に体重を掛けてしまい、かなり疲労。ちょっとミスったら即死やし。
なるほど、修験道ってこういうことか。まず己に克たないといけない。

夜明し峠を過ぎると、頂が視界に入る。
f0136038_15293411.jpg
一ノ鎖、あかんわ、これもう命に関る。が、石鎚山の4つの鎖場には全て迂回路もある。
f0136038_15293493.jpg
標高1800mの休憩所、あと少し。
シゲさんの方は二の鎖、三の鎖も全てクリアして、石鎚神社奥宮頂上社と山荘のある弥山で再会、いえーっ!

シゲさんでさえ二の鎖、三の鎖は相当危なかったらしい。命あってよかった。
f0136038_15293458.jpg
下を覗き込むと足がすくむ。
f0136038_15293496.jpg
ザックとポールは弥山に残して、さらに天狗岳山頂に向かう。

フィジカルに先を行くシゲさん。
f0136038_15384924.jpg
後ろでメンタルに命の危険と闘う自分。
f0136038_15272356.jpg
このロッククライミングもそこそこしんどかったけど、ともかくも天狗岳山頂到達。
f0136038_15272358.jpg
そして、弥山の社と山荘を天狗岳から振り返ると、
f0136038_15272387.jpg
絶景! しかし、このゴジラの背中を戻るのか。
この日ラッキーにも、天気予報が外れて穏やかな晴天だったけど、雨風や雪だったら無理だったな。

弥山でカップヌードル食べて早々に下山。15時のロープウェイに間に合って、予定通りバスで西条駅に戻り着き、特急しおかぜに乗って松山へ。

因みに、IcocaとかSugocaとか、どこのJRにもそれぞれICカードがあると思ってたけど、JR四国にはないらしく、松山駅の改札で、駅員さんが木製の柵に並んで立つ姿が懐かしく思えた。

市電で終点道後温泉へ。
f0136038_15272391.jpg
日本最古の温泉で気持ちよく一日の疲れを流す。Zzz

翌朝は、立派な連立天守の松山城へ。
f0136038_15272357.jpg

城と温泉と市電のある街、いいなあ。
f0136038_15272381.jpg




by phraganet | 2018-12-31 16:06 | 日本
カターニャ到着の夜、ステシコロ広場近くのゲストハウスを出て通りを南へ歩き、大学広場からドゥオモ広場へ、バロック様式の建物の間を夜の散歩に出た。
f0136038_22523191.jpg
f0136038_22523195.jpg
f0136038_22523109.jpg
f0136038_22523154.jpg
広場にはレストランの呼込みがいて、その中の女子大生アルバイト風店員に引っ張られて入ったのはフリットの店で、メニューがあまりない中、シーフードとポテトのフリット盛合せにツナステーキを注文して、白ワインに合わせた。
f0136038_22523125.jpg
食事に不満ないが、他に客いなくて、大丈夫か、この店?

帰りに水を買おうと入ったスーパーマーケットで見たサボテンの実、このときはタイやベトナムで食べるドラゴンフルーツの淡白な味を想像したが、このフィコディンディア(イタリア語で印度の無花果の意味)のシャーベットを翌日カルタジローネのカフェで頂き、その優しい甘酸っぱさに惹かれることになった。
f0136038_22523108.jpg

カルタジローネへ日帰りで出掛けた翌朝は、恒例の朝市巡り。
f0136038_22522436.jpg
まずはゲストハウス近くの空き地に立つ市場を覗いたら、野菜や魚介より日用雑貨の店が多く、中には素敵なチーズ屋さんもあったけど、全体としてメルカトというよりアジアのバザールかアラブのスークという雰囲気だった。
f0136038_22522513.jpg
もう1箇所、さらに進んでドゥオモ広場の隅で滝のような勢いで水が溢れ出ているアメナノの噴水の横を抜けるとフィッシュマーケーットがあり、こちらは如何にも、地元の人の胃袋を賄ってますという感じを出している。
f0136038_22522593.jpg
チーズとサラミの店のカウンターにはワインも置いてあり、思わず朝食あしらってもらって立ち飲みすることにした。
f0136038_22522583.jpg
パンとオリーブとワインも合わせて10ユーロ、いいねえ、朝から幸せ。

あ、果物屋さんにフィコディンディアが並んでる、と思って手を出したら店のおじさんに叱られた。目には見えないが、表面が小さな棘にびっしり覆われているので、触ると後でチクチクが止まらなくなる。
f0136038_22522542.jpg
と言いながら、おじさん自身は素手で取り上げ、親切にも剥いて味見させてくれた。

んまい!
皮の色の赤い方が味が淡白で、オレンジのものが甘酸っぱさのバランスが良くおいしかった。

ここカターニャにももちろんグレコローマン時代からの遺跡が残っていて、ステシコロ広場ではコロッセオ跡が見られる。
f0136038_22522503.jpg
また街中のビルの1階を入ると、
f0136038_22522574.jpg
中に、7000人を収容したという劇場遺跡があり、後世の建物に囲まれてシュールな景色になっている。
f0136038_22521920.jpg
f0136038_22521964.jpg
ドゥオモ広場を少し南西に進むと13世紀に建造されたウルシーノ城が美しい姿を見せている。
f0136038_22521930.jpg
城好きとしては城内も見学せねばと入ってみたが、建物の中は美術館になっていた。
f0136038_22521945.jpg
お、城の前の公園でフィコディンディアの木を発見、たわわに実を付けている。
f0136038_22521948.jpg
勝手に取って食べたいが、触ったら痛そう。

夕方、ドゥオモ向かいの教会に上らせてもらうと、街に沈む夕陽がきれいに見えた。
f0136038_22521963.jpg
また正面に夕陽を受けたドゥオモの姿は絶景だった!
f0136038_22521481.jpg
あまりに気持ちよくて、長い時間を教会の上で過ごした。

すっかり陽が暮れ、これから広場に降りて呼込みに誘われて食事を決めるのも癪なので、何か市場飲みみたいな店はないかなと検索したら、西へ数分歩いたところにKitsch、その名もキッチュな店がヒットした。

店に向かう途中で素敵な食材屋があり、めちゃんまいエクストラヴァージンオリーブオイルと、フィコディンディアのジャムをお土産に買った。

もしかしてキッチュが人気店で、予約なしで入れなかったらどうしようと思ったが、大通りを離れるとすっかり静かな雰囲気。
f0136038_22521484.jpg
店は1階が厨房で、2階に上がるとバーとテーブル席があり、客は他におっさんがひとりだけで、イケメン店員が丁寧に接客してくれた。
f0136038_22521469.jpg
まずは白ワインで、マッシュルームとズッキーニとトマトのブルスケッタ。
f0136038_22521416.jpg
次に肉なしラグーとポークボール・カレー風味ココナツソース。
f0136038_22521435.jpg
途中でワインを赤に替え、ベーコンとトマトのパンプキンソース。
f0136038_22521431.jpg
いやあ、どれもんまかった!

ホールのお兄さんにも、厨房のおばさんにもブラボーとお礼言って出たら、店の外で足がもつれて歩道の植木に突っ込み、まるで猛獣にでも襲われたかのように腕の無数の引っ掻き傷から流血の惨事に。

道路脇のキオスクのおじさんが、店の奥から消毒液持ち出して両腕に掛けてくれた。シチリアのみなさんの暖かさに支えられて旅させてもらってます、グラッチェ、グラッチェ!

通りでは、クラプトンをいい感じに歌い上げてたんで、おひねり。
f0136038_22521593.jpg

最終日、フライトは午後なので、荷物を預けて、もう半日カターニャの街歩き。

ドゥオモ広場の昼の様子、手前は象のオベリスク。クメールっぽいと言えばいいのか、ヨーロッパらしくない不思議なオブジェ。
f0136038_22520900.jpg
良い天気の中、まだ行ってなかったサンニコロ教会の方に向かって散歩。
f0136038_22520885.jpg
途中で見つけたメシ屋のショーケースがあまりに魅力的だったので、正午の開店まで、隣でカプチーノ飲みながら待ってから入店した。
f0136038_22520843.jpg
こういうのイタリアで何て言うんだろ、おばんざい屋? 違うか。
ちょうどギリシャのタベルナとか、トルコのロカンタみたいな。
フランスだとビストロか、イタリアではトラットリアと呼ぶのかな?

まずはアンティパストミスト。
f0136038_22520805.jpg
その後、ケバブも焼いてもらった。
f0136038_22520875.jpg
f0136038_22520819.jpg
週5日来ても飽きんな、これ。

と、ぎりぎりまでおいしく楽しい時間を過ごし、ゲストハウスの前のバス停からALIBUSに乗って空港へ移動した。

出発ターミナルから正面にエトナ山が見えた。
f0136038_22520864.jpg
ありがとね!



by phraganet | 2018-12-02 23:23 | イタリア

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: