タグ:船・港 ( 9 ) タグの人気記事

夜明けと共にデリー発ゴーエアでシュリナガルに飛ぶ。ジャンムー・カシミール州に足を踏み入れるのは初めて。シュリナガルの空港ターミナルに着くと、外国人登録書類に記入するよう係員が言い寄って来た。あれ、外国人って僕らだけ?

迎えの車で空港を出ると、まず物々しい兵士の数の多さに驚く。町はまるで中央アジアに来たかのようなイスラム世界。シュリナガルは印度の中で今やむしろ平和な町になっているが、紛争地帯の印象が強く、なかなか旅行者は増えないみたい。

車は国道1号線を町とは逆の南へ、サフラン畑と水田の中をドライヴ。道端にはサフランの土産屋とバット屋がぽつぽつ現れる。このあたりは上質のクリケットバットの一大産地らしい。小一時間でアナントナグの町に着くと、ジャンムーに伸びる国道をまっすぐ進まず、車は二股を左に折れてのどかな農村に入った。
f0136038_15141732.jpg
ここにあるというマルタンダ太陽寺院を訪ねて来たのだが、表示も何も出てないので、運転手もどこから入っていいかわからず、村の人に何度か聞きながら、農家の軒先の狭い農道を登ると、整備された遺跡公園の入り口があった。

おお!


f0136038_15141730.jpg
回廊の正門をくぐった内部
f0136038_15141783.jpg
錆びきった案内板を読むと、8世紀のカシミール様式の太陽寺院とある。正面の左右に彫刻されているのはガチョウに乗ったヴィシュヌ、門の内側はガンガとヤムナというそれぞれ河の女神だそうだが、長い年月の間に風化してはっきりとは見えない。
f0136038_15141717.jpg
寺院そのものも大きくて立派な構えだが、周りを囲む回廊もかつてはさぞ美しかったろうと思う。
f0136038_15141746.jpg
すっかりイスラム色の強い現代カシミールだが、昔はここにヒンドゥー国家が成立していたのだと思いを新たにする。

帰りの道中パルワマという町に戻り、マルタンダと比べると少し小ぶりなアヴァンティプルの寺院跡に寄る。こちらは9世紀の建立とある。
f0136038_15245197.jpg
f0136038_15245130.jpg
近くにもうひとつ寺院遺跡。
f0136038_15245167.jpg

午前中に寺院巡りを終え、ハウスボートにチェックインして昼食にしましょうということで、一路シュリナガルへ戻る。シュリナガルのハウスボートは湖に漕ぎ出すわけでなく、岸に固定されたままだが、「カシミールのライオン」という名の寝室からデッキまで50m以上ある豪華な作りの船の貸切はとても贅沢な体験だった。
f0136038_15250379.jpg
f0136038_15250330.jpg
しかも人のいいキャプテンが食事から何から付きっきりで面倒見てくれるし
f0136038_15250377.jpg

ハウスボートで一休みして、夕方から町に出た。
f0136038_15251362.jpg
町からの帰りにタンドーリで焼立ての丸いパンをおやつに買った。7月はラマダンに重なって、もう少しでマグレブの時間なので、おじさんたちもサフールにパンの焼き上がり待っているのか。
f0136038_15251393.jpg

翌朝、今度は北に向かい、ソナマルグまで2時間半のドライヴ。
f0136038_15251399.jpg
その後ポニーに跨って氷河の麓まで散歩。下界の蒸暑さがうそのような涼しさ。
f0136038_15141563.jpg

またシュリナガルに戻って、手工芸のお宅を何軒かお邪魔した。
これはアリという鈎針を使う刺繍。
f0136038_15315360.jpg
こちらはカニ、針を使わず手で織る高級品。見ていて気の遠くなる作業。
f0136038_15141781.jpg
古くからそれぞれの家庭に伝わる、雪の閉ざされる季節の手工芸。どこのうちでも優しく歓待受けて感動した。

3日目の最終日はダル湖周りのムガールの庭園を回った。
f0136038_15504979.jpg
f0136038_15504944.jpg

シュリナガルはムガールの都のひとつでもあった。周囲の山々から雪解け水が集まるこの澄み切った水の都を、ムガールの王も愛した気持ちがよく分かる。


[PR]
by phraganet | 2014-09-07 15:54 | インディア
2週間ほどシドニーで仕事中。

毎日打ち合わせに通うオフィスは、ダーリンハーバーに掛かるピアモントブリッジのたもとというおしゃれなロケーション。
f0136038_1854864.jpg

シドニーに到着した日はさすがに肌寒く感じたけど、今年は暖冬らしく、滞在している間にも少し暖かくなってきてちょうどいい気候。

でも、大きな問題、物価が高い!
ちょっと水を買おうと3ドル握って、またはリップクリーム忘れたので5ドル握ってレジに向かうと、毎回支払いは予想より高くてお金を足さないといけない羽目に。

そんなわけで、ダーリンハーバーにおしゃれなパブレストランが並んでるけど、外に出てるメニューの値段見てしまうとなかなか入れず、ファストフードにお世話になることの多い日々。

気持ちいい日差しの中、テラスの席でハンバーガー食べようとしたらカモメの集団が襲ってきた。まるでヒッチコックの映画のよう!
f0136038_18132288.jpg

これでは落ち着いて食べられないので、中の席に早々と退散。

他の客も折角のいい天気なので、どうせならと外の席に出るけど、来た来た!今度はこの小さい男の子を集団で狙ってる。
f0136038_18142092.jpg

見てると、客のことは恐れず襲ってくるくせに、店内からユニフォームの店員が出てくると、追い払われるのがわかっていてさっさと逃げる。なんか、カモメのいいようにされてるダーリンハーバーだった。
[PR]
by phraganet | 2013-09-01 18:16 | オーストラリア

タオ島でAOWライセンス

パタヤでオープンウォーターライセンス取った勢いで、タオ島にアドヴァンスト取りに行った。

3連休前夜、カオサン21時発の夜行バスに乗って夜明け前にチュンポンの港に着き、カタマランボートに乗り換えて1時間半、早朝のタオ島に上陸。
f0136038_1322769.jpg

ここからタクシーに乗って島の南側にあるブッダビューダイヴリゾートへ、と案内にあったが、ここで言うタクシーとはピックアップトラックのことだった。トラックの荷台に乗り込もうとしてテニス仲間のゆうこちゃんに会う、すごい偶然にびっくり!

この日の午後はゆるゆるとチェックダイヴ2本。タオは島のすぐ周りにポイントがあって潜るのに便利、海もタイ湾イチの透明度で魚影も濃い。ガイドのりょう君は、日本から世界一周の旅に出て最初の訪問地タオ島にそのまま居ついたらしい。夜はみんなでジャパニーズガーデンという名の掘っ立て小屋で食事。

翌朝からトモさんというきりっとしたインストラクターに着いてアドバンストコース、まずはチュンポンピナクルという10kmほど外洋のポイントで一気に30mの深さまで生まれて初めてディープダイヴ。エントリーのとき緊張で思わず固まった。30mまで潜るともう赤い色は見えなくなることを確認。帰りは隣のナンユアン島の美しいビーチの近くでコンパス使ってナビゲーションダイヴ。

f0136038_1332080.jpg

この日の午後は潜らずにリゾートに戻って近くのカフェでテキスト見ながら宿題。文章量が多くて書くのに時間が掛かったが、何とか夕方までにやっつけてナイトダイヴに。海底で夜光虫を見る。夜の海は荒れて、高波の中ボートに上がるのに一苦労だった。

最終日の朝、カメラをレンタルしてもう2本。クマノミを撮ろうと近づいて、イソギンチャクに脚が触れ、みみず腫れに。いてぇー!ふわふわに見えるイソギンチャク、触るとこんなに痛いのか!慣れない水中撮影はあまりうまく撮れなかった、ざんねん。
f0136038_14323684.jpg

そんなこんなで合計7本、コース終了の仮認定証を受取って、午後カオサン向けて出発。タイは雨季にタイ湾、乾季はアンダマン海がシーズンで、要は一年中どちらかでダイビングを楽しめるらしい。よし、乾季になったらシミラン諸島へ!

今度こそきれいに写真撮るぞ!
[PR]
by phraganet | 2013-06-19 01:40 | タイ
黄昏のイスタンブル旧市街に到着。

イスタンブルというのは、Stim(内)と Polis(街)がくっ付いた言葉で、日本語で言う「丸の内」みたいな意味らしい。泊まったホテルはスルタンアフメット・ジャーミィ、別名ブルーモスクの裏手にあった。
f0136038_154118.jpg
17世紀オスマン帝国時代に建てられたこの建物には、アルトン(金)のミナレット(尖塔)を造れ、との命令を聞き間違え、アルト(6つ)のミナレットができ上がったというウソかホントかわからないエピソードが残る。

建物は異教徒にも解放されていて、無料で中に入って行ける。トルコでモスクを意味する「ジャーミィ」には「集まる」の意味があり、ミナレットのあるような大きなところはこの名で呼ばれ、アジアでよく使う「マスジット」は小規模の礼拝所に使われる。

散歩の途中、スルタン・アフメット広場の屋台で焼き栗を買う。日本の焼き栗と違って素朴な味、これはビールに合うかも。
f0136038_15412590.jpg

通りにはドネルケバブの店なんかがあって思わずうれしくなる。メニューのマントゥって饅頭(マントウ)か?さすが元モンゴル遊牧民族。

f0136038_15432262.jpg
ロカンタ(食堂)のガラス越しに見える料理がどれもおいしそうで、指さしで皿に盛ってもらってテーブルに着く。トルコのジャガイモはほくほくしていておいしい。勝手に運ばれてくるエキメッキ(パン)は無料で食べ放題、外はカリッと中はフワッ。
f0136038_15433799.jpg



翌朝国内線でカッパドキアに出掛けて、戻ってからイスタンブルの名所観光に出た。
f0136038_1544082.jpg
アヤ・ソフィアの歴史は古く、もとは6世紀ローマ帝国時代に建てられたギリシャ正教の大聖堂。壁の上方に張り付けられた8枚の円盤は、オスマン帝国時代モスクとして使われた名残。ただ、建物自体がメッカを向いていたわけではないので、キブラは17度右にずれている。因みに今では博物館になっている。
f0136038_15441392.jpg
宗教画では、カッパドキアでフレスコ画、イスタンブルではモザイク画を拝ませてもらった。それにしても、もともとギリシャ正教の聖堂のドームが、その後のイスラム建築の特徴として取り入れられた歴史は面白い。そのためアザーン(お祈りの呼掛け)のときに屋根に上れなくなり、別にミナレットが必要になったとのこと。

アヤ・ソフィアの脇の通りから地下宮殿と呼ばれるかつての大貯水池に下りた。水不足対策で街の地下にこんなものを造ったらしい。
f0136038_15443612.jpg


トプカプ宮殿まで一通り見て歩いた後、トラムに乗ってエジプシャン・バザールへ。ここでたっぷり豆やスパイスを仕入れる。

バザールの横、スィミット(輪っかのかたちのごまパン)やピデ(トルコピザ)の屋台を、パクパク食べてはまた次と、冷やかしながらの散歩。

そう言えば、有名なサバのサンドイッチが見当たらないと思って、ピデ屋台のおじいさんに尋ねると、道路の向かい、ガラタ橋下のフェリー乗り場を指差された。

おお!
f0136038_1551634.jpg

バルック・エキメッキ。それは屋台ではなく、接岸した船の上でお兄さんたちが一心にサバを焼いているところだった。船は岸壁に打ち寄せる波で左右に激しく揺れるので、普通の人間なら5分で船酔い間違いない。
注文すると、焼きたてのサバとレタス・玉ねぎをパンに挟み、おじさんが、はいよ!と渡してくれる。
f0136038_0225334.jpg


折角フェリー乗り場まで来たので、エミノニュからカドゥキョイまでボスポラス海峡を渡ってアジア側へ。
f0136038_155149100.jpg

カドゥキョイでもまたちょっと洒落たロカンタに腰掛け、ナスとイワシでビール。
f0136038_1552414.jpg
んまいっ!
あまりのおいしさに、またまた焼きサバのマリネ、ナスとトマト煮、イカのカラマリを追加注文。
f0136038_1204038.jpg
満足や!


f0136038_15524316.jpg
かもめに見送られながらヨーロッパ側まで戻ってくると、ムール貝のピラフ詰めの屋台に遭遇。お兄さんがひとつひとつにレモン絞りながら売っている。これ、絶品!
f0136038_155348.jpg

しかし、 ここでは何食べても、んまいね!
[PR]
by phraganet | 2012-07-13 07:37 | トルコ
そんなこんなで、ハンピの翌朝は大晦日。

ゲストハウスを出ると、路地のあちこちで家の前に指で模様を描く女性が目に着いた。家内安全を願う朝の日課のようだ。それぞれがユニークな柄でふたつとして同じパターンはない。
f0136038_0442713.jpg

通りに出て、まずは朝のチャイを頂く。
f0136038_0462581.jpg

ヴィルパークシャ寺院の門の脇をちょっと下ると、すぐにトゥンガバトラ川のガートに出る。ひんやりした空気に包まれた景色のよい川岸は、沐浴の善男善女でごった返していた。ちょうど修学旅行生もやってきて、水の冷たさにきゃあきゃあ言いながら、髪の毛を濡らしている。
f0136038_0495383.jpg


さてと、今日はハンピのハイライト、ヴィタラ寺院と王宮を観に行く!

かつてのヴィジャヤナガルの数ある遺跡の中で、ヴィタラ寺院と王宮のロータス・マハルにだけチケットチェックがあって、印度の世界遺産入場券250Rpなりを買い求めないといけない。チケットの有効期限1日限りなので、このふたつは同じ日に回った方がよい。

ヴィルパークシャ寺院のある村の中心からヴィタラ寺院に行くには、ハンピバザールから川沿いののどかな遊歩道を1kmほど歩けばよいが、僕らはその後に広い王宮を回るためバス停から車で出発したので、道路を8kmほど回り道。しかも降ろされた駐車場は、結局ヴィタラ寺院の東に1kmほど離れていて、ここからの電動カート20Rpは別料金。でも実は東からアプローチするこっちが表参道で、正面に見えるゴープラがだんだん近づいてきた。
f0136038_135126.jpg


ゴープラくぐって中に入ると、拝殿に向かって象2頭が引く山車(ラタ)のかたちをしたガルーダ・マンダパ。
f0136038_123781.jpg


こちらは拝殿、すごくきれいな彫刻で特に柱のデザインが繊細。耳を近づけて細い柱をたたくと、石とは思えない甲高い音が響く。
f0136038_126173.jpg



朝一番に来てゆっくりヴィタラ寺院を見てたら、修学旅行の団体に追いつかれ、いつもの「フォトフォト(写真撮って)」攻撃を受け始める。で、その後王宮に着くころにはもうすっかり修学旅行生に囲まれた。
f0136038_134215.jpg


f0136038_1345410.jpg
上の写真は、王宮のエレファント・ステイプル(象舎)、ヒンドゥーとイスラムが混ざったような優雅な造りで気に入った。象たちもさぞ大事にされていたろうと思う。

下の建物は王妃の浴場。 しかし・・・君ら楽しそうやね!
f0136038_1383931.jpg

f0136038_1414615.jpg

因みにハンピに修学旅行生を受け入れるような宿の設備はもちろんないので、彼らは夜は寺院の境内で地面に雑魚寝らしい。みんな裸足やし。強いね。


遺跡にいたおっさんから写真のきれいなガイドブックを買ったので、これでだいたいヴィジャヤナガルのメインは一通り回り終えたなあと確認していたら、ガイドブックの中でガートに彫られた「千のリンガ」という不思議なオブジェが紹介されていて、どうしても気になるので、またヴィタラ寺院への川沿いの遊歩道に戻るが、見つからない。

人に尋ねると、「もうちょっと先」というような返事なので、もう近くにいるはずなのに、何の標識も見当たらず行ったり来たりしてしまう。

途方に暮れていると、子供がやってきて、道からでは見えないから舟に乗れと薦められ、仕方なくだまされ気分で一寸法師のお椀の舟に乗ってみる。これ、ひっくり返らないかちょっと心配。
f0136038_2031224.jpg

どうやらこの小賢しい子供船頭は、ディズニーランドでキャスト研修を受けたと見え、川岸の寺院や奇岩を紹介しながら、途中でわざと水をはねたり、船をくるくる回してみたりして乗客を飽きさせない。説明するまでもなく、「あ、クロコダイルだー!」のフレーズでは、乗客全員お約束で「きゃー!」と反応するのが暗黙のルールとなっている。
f0136038_2223198.jpg


途中クリシュナ堂という、河岸の岩のお堂に舟をつけ、ここから上がってみろと言われて岩伝いに歩くと、あっけなくあった!確かに。岩に彫った無数のリンガ、アンコールのクバルスピアンを思い出す。
f0136038_2261153.jpg


満足して村に戻り、随分遅いお昼はイドゥリとチリのてんぷら。
f0136038_229655.jpg


その後、遺跡の丘から2011年最後の夕陽を見送った。
f0136038_2304526.jpg



翌朝起きてみると、ゲストハウスの前の道は鮮やかな正月特別バージョンの模様で彩られていた。
明けましておめでとう!さあ、元旦はさらに北北西に向かうぞ!
f0136038_23453.jpg

[PR]
by phraganet | 2012-01-11 02:23 | インディア
飛行機で運べない荷物があって、この歳になって初めて、上海から大阪まで丸2日間の国際フェリーを利用する羽目に。

上海・大阪間は新鑑真と蘇州号の2つのフェリーがそれぞれ週1便就航してるけど、今回は出発日の関係で蘇州号の方に乗り込む。
f0136038_0583155.jpg
意外に小ぎれいな上海国際フェリーターミナルで出国手続き。

甲板にはスイミングプールも完備され、と希望的な想像したけど、そんなものは見当たらず、何もないデッキから、グッバイ上海!
f0136038_0585678.jpg
河岸からの出国っちゅうのも、なんか妙な気分やね。

会社が取っておいてくれたのは3階特別室、片道ひとり2,400元って安くはないね。
f0136038_10174.jpg

テレビの横にDVDプレーヤー置いてあるけど、ああ、こんなことなら上海の街で安いDVDでも買い溜めしとくんだった。

おおっ!同じ甲板3階にバスルーム発見!僕はここで、夜、朝、夜と都合3度お世話になった。
f0136038_114463.jpg


上海を出航したのが昼前で、出航早々2階の食堂でセットメニューのお昼ご飯。メニューを見てみるとアラカルトも注文でき、カレーライスやカツどんが500円とあった。
f0136038_102453.jpg


乗務員のお姉さんたちは受付、食事の世話、掃除、セイフティデモンストレーターといろいろこなします。
f0136038_11266.jpg


ところで、ひとたび海に出たら何ひとつ見えない大海原かと思ってたら、むしろ航路はぎっしり貨物船が列をなしてた。すごいことになってるね。

いつの間にかポリ袋が各客室の前に。
f0136038_12574.jpg
僕は夜平気で寝てたけど、同室のタイ人君は船底から響いてくるエンジンの振動が気になってほとんど眠れなかったらしい。揺れもあって、ちょっと気分がすぐれない様子、可哀そうに。

中国人団体客の周囲を気にしないカラオケパ-ティにはちょっと閉口したけど、船の旅って、やっぱ、ゆったりしてて安らぐなあ。また乗ってみたい。

そんなこんなで、翌々日の朝、明石海峡大橋で日の出を迎える。大阪入港まで、あと少し。
f0136038_1102079.jpg

[PR]
by phraganet | 2010-12-04 01:11 | 中国
日曜日、ツアーに参加してプノンペンから南へ80km、タケオの町で小さなスピードボートに乗り込んだ。

どこまで行っても水平線が延びる、一見でかい湖のようだが、実は雨季ですっかり水をかぶった田んぼや道路の上で波を蹴立てて進んでいる。

しばらく行くと、水平線のかなたから見えてきたふたこぶの山が、目指すプノム・ダの丘。
f0136038_1132.jpg


ベトナム南部アンザン省のオケオ遺跡から出土した多くの装身具や貨幣は、ここにあった扶南という国が、早くも2世紀から東は中国、西はローマまで世界と広く交易があったことを示しているが、扶南の港町オケオは80km北方の都アンコール・ボレイと水路で結ばれていて、アンコール・ボレイ後背の聖山がこのプノム・ダだった。

f0136038_113355.jpg

水田の中に立つプノム・ダへ車で近づくのは大変なので、こうして雨季にボートでアプローチ、タケオを出て45分で丘の麓に着く。
f0136038_12349.jpg

周りの水田はすべて冠水しているので、孤島の漁村にでも辿り着いたよう。投網で獲れた鮒にご機嫌のおじさんたち。
f0136038_162716.jpg


ふと、丘の中腹を見上げると、おお、砂岩の祠堂、アスラム・マハルセイ。
f0136038_1335083.jpg

内部は2重構造になっていて、インドやパガンの僧院のような造り。

遺跡の前のモデルさんたち。
f0136038_1343521.jpg


さらに道を進んで、次の丘への急な階段を登り詰めると、プノム・ダの祠堂が頂上にドンとそびえている。でかい!
f0136038_1415726.jpg

こちらはラテライト建築、チャムの塔にそっくり?

アスラム・マハルセイは北に向かってたけど、プノム・ダは南に向かって入り口が開いている。6,7世紀ごろにはまだ「ヒンドゥー建築は東向き」という常識がなかったかもしれない。

祠堂に入って上を見上げると、わ、レンガの迫出しもすごいっす。
f0136038_155454.jpg


プノム・ダの祠堂にはプノンペン国立博物館の展示物でもひときわ大きい八臂のビシュヌ像が安置されていたそうで、他にラーマ像、バララーマ像を出した洞窟も頂上から少し下ったところにある。
[PR]
by phraganet | 2008-10-07 02:08 | カンボジア
5月になった。 年に一度の社員旅行の季節。 (あれから1年)

社員旅行のテーマは「ホテルでのんびり」。今年はシェラトングランデ・ラグーナプーケット。ラグーナの中にある、ひたすらデカいリゾート。
f0136038_21101764.jpg


その割に「移動は格安航空」という方針もあり、ワン・トゥー・ゴーで往復。プーケットにワン・トゥー・ゴーと言えば、昨年9月に死者90人を出した着陸失敗事故と全く同じ組合せ。
また運悪く非常口座席に座ったもんだから、セイフティー・デモンストレーションのとき、緊急着陸の際には立ち上がって扉を開けるのに協力してくださいと、まるで2回に一度は失敗しかねないぐらいの勢いで、キャビンアテンダントから個人指導を受ける。 頼むよ。

タイ人スタッフ百数十人と出掛ける旅は、ホント言うと億劫だけど、今回はホテルのコート借りてテニスしたり、船で島に渡って砂浜でフリスビーやったりして一緒に遊んだ。
やっぱり身体を動かすというのは気持ちいい。

コ・ラチャーという、まだあまり人の来ない島でスキンダイビングしたら、足元の珊瑚礁がきれいでちょっと感動。
だけどこの季節、午後から天気が荒れて、帰りは35フィートのスピードボートが何度も波で空中に飛ばされ、そのたびにドーンと衝撃受けるのは、45分間かなりつらい拷問だった。
二度と行かないな、たぶん。
[PR]
by phraganet | 2008-05-05 22:53 | タイ
ドバイの空港でのトランジット待ち。今回は随分と長い時間の待ちになった。

しかし、こんなにたくさんの人間が床にごろごろ寝転んでいる空港ってのは他に知らない。さすがハブ空港ということか。現在のターミナルに並んで、新しいターミナルが巨大な円筒形を横にしたような姿を見せているが、完成までにはもう少し掛かりそう。

ドバイの出発ターミナルにはちょうどいい感じのアイリッシュパブがある。ヨーロッパやオーストラリアなんかの生ビールがパイントで楽しめ、サウジに入る直前などには最後のアルコール摂取ができる。
f0136038_22185730.jpg


今日は早朝に着いて、いきなりパブで時間潰しも何なので、特にアテもなく空港の外に出て、ドバイクリークの渡し舟に乗ってみた。1ディルハム。乗客は全員インパキだった。普段高層ビルの街しか見てないが、クリークの両岸には比較的古いドバイの町並みが見える。今日は金曜日で、スークもほとんどの店が閉じていて、静かだった。
f0136038_22192898.jpg
f0136038_2221181.jpg

[PR]
by phraganet | 2007-04-20 22:23 | UAE

アジアを歩けば何に当たる?タイやインドでの煩悩な日常と、気ままな旅のメモ


by プラがね: